<全米プロゴルフ選手権 最終日◇16日◇ウィスリング・ストレイツ(7,501ヤード・パー72)>
 今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。トータル5アンダーの24位タイからスタートした松山英樹は4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“74”でスコアを2つ落とし、トータル3アンダーでフィニッシュした。
 序盤から苦しい戦いを強いられた。2番でティショットを左サイドのバンカーに入れてボギーが先行。そこから3番、4番もボギーを叩いてスコアを落とした。5番パー5でバーディを奪うも8番ではダブルボギー。後半は3つのバーディを奪ったものの上位進出はならなかった。
 その他の日本勢は小田孔明がこの日4つ落としトータル6オーバー。2日目に“63”をマークして注目を集めた岩田寛は1つスコアを伸ばし、トータル7アンダーでホールアウトしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】ちょうど1年後に開幕!五輪ゴルフに期待することは