結局どのくらい貯めたいの? 働く女性に「現在の貯金額の満足度」を調査してみた

写真拡大

貯金通帳を眺めながらつくのは、落胆のため息? それとも安堵の吐息? 毎月コツコツがんばっている貯金、みんなは何を目標に、どのくらい貯めたいと思っているか、実はこっそり知りたいところ。今の貯金額についてどう感じているのかを、マイナビウーマン読者にアンケートで聞いてみました。

◆今の貯金額に満足していますか?

「はい」と回答した人が19%と、今の貯金額に満足している人は全体の2割に満たないという結果に。結婚やマイホーム購入のための資金、留学などのやりたいことといった目標のためにまだ足りないと感じている人のほか、「とにかく億単位で貯めたい」という人も。一方でコツコツ貯めてすでに目標を達成しているという声や、「欲を言えばきりがない」という理由で満足との声がありました。

[回答者数:209(1年目=4.3%、2年目=4.3%、3年目=3.4%、4年目=7.2%、5年目=11.5%、6年目=16.8%、7年目=15.8%、8年目=7.2%、9年目=11.0%、10年目以上=18.6%、その他=0.0%)/『マイナビウーマン』調べ。2015年7月にWebアンケート、22〜34歳の働く女性]

Q.目標額や貯金の目的なども含めて、そう答えた理由やエピソードがあれば具体的にお答えください。

■老後のためにもっと貯めたい

・「老後の資金として2,000万は貯めたいです」(小売店/秘書・アシスタント職/10年目)
・「老後の生活費として3,000万と言われるのに、今の貯金ペースだと難しいので」(人材派遣・人材紹介/事務系専門職/6年目)

■マイペースに貯めてます

・「目標通りに貯蓄できているから。上を目指せばきりがないので」(食品・飲料/専門職/1年目)
・「ある程度自分が思っているよりも貯金が順調にできていると思ったから」(学校・教育関連/事務系専門職/10年目)

■目標はズバリ1,000万円

・「早く1,000万円貯めたい」(金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職/4年目)
・「将来が不安なので、1,000万円は貯金したい」(医療・福祉/専門職/10年目)

■マイホームを手に入れるためにまだまだ!

・「マイホーム資金を貯めたいのでもっと貯めたい」(機械・精密機器/事務系専門職/9年目)
・「将来、マンションを購入したいので、今の貯金ではまったく足りません」(ソフトウェア/事務系専門職/5年目)

■結婚のためにがんばる

・「結婚したいから500万は貯めたい」(電機/営業職/5年目)
・「1年後に結婚する予定だからがんばって300万を貯める予定」(電機/技術職/7年目)

>(次ページ)貯めていても安心できない! 貯金が減るタイミングって?