腸内フローラは悪玉菌の増殖を抑えるだけではない shutterstock.com

写真拡大

 腸内細菌は、絶えず増殖を繰り返しながら、腸内に夥しい細菌が競合し合い、複雑な生態系を形づくっている。この腸内細菌の集まりが腸内フローラ(腸内細菌叢)だ。ヒトと腸内フローラは、持ちつ持たれつの共生生活を送っている。双方が共存しているのは深いワケがある。

 腸内細菌とっては、ヒトが三度三度食べてくれるため、栄養源に事欠かない。ほとんどの腸内細菌は嫌気性菌なので、酸素が希薄な腸管内は願ってもない居心地のいい快適さだ。一方のヒトは、病原菌の感染を防いでもらえる。免疫機能を強めてもらえる。消化できない食物の代謝を助けてもらえる。目に見えないが、オナカの中に棲む「小さな同居人」は、計り知れない恩恵を与えてくれる。

 腸内は、乳酸菌などの善玉菌(有用菌)、大腸菌などの悪玉菌(有害菌) 、バクテロイデスや嫌気性レンサ球菌などの日和見菌が雑居し、敵味方が睨み合う呉越同舟の世界。日和見菌を味方につけて善玉菌を増やし、悪玉菌を減らせば、腸内フローラの平和は安泰だ。

 だが、この共生関係が破綻すればどうだろう。例えば、ヒトの免疫力が低下すると、腸管内の腸内細菌が体内に侵入し、敗血症、大腸炎、アレルギー、感染症などを発症する恐れがある。食生活の乱れ、薬剤やアルコールの過剰摂取、ストレスや運動不足なども、腸内フローラのバランスを崩し、さまざまな病気を招く原因になる。健康を維持するためには、腸内フローラのバランスを整えることが、何より最優先なのだ。

大腸がん、肥満、糖尿病、免疫疾患などを予防する短鎖脂肪酸

 このように腸内フローラは、悪玉菌の増殖を抑えるだけでなく、ヒトにとって有益な物質を作り出し、健康維持に大いに役立つ立役者といえる。そのひとつが、最近の研究で解きほぐされてきた、短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)の驚くべき働きぶりだ。

 脂肪酸は油脂を構成する成分で、数個から数10個の炭素が鎖のように繋がった構造をしている。炭素の数が6個以下の短鎖脂肪酸は、大腸内の腸内細菌が作る脂肪酸だ。短鎖脂肪酸には、酢酸、プロピオン酸、酪酸がある。消化酵素で分解し切れない食物繊維を発酵・分解するのが短鎖脂肪酸の役割だ。

 短鎖脂肪酸は大腸で作られ、大腸の粘膜から体内に吸収される。吸収された短鎖脂肪酸のうち酪酸は、大腸上皮細胞の増殖や粘液の分泌、水やミネラル吸収のエネルギー源になる。かたや酢酸とプロピオン酸は、肝臓、筋肉、腎臓などでエネルギー源として活用される。

 善玉菌と悪玉菌の凄まじい勢力争いのさなか、突如、短鎖脂肪酸が登場すると、腸内で驚くべき能力を発揮する。短鎖脂肪酸は、腸内を適度な弱酸性に保つので、悪玉菌の出す有害酵素、発がん性物質の二次胆汁酸、腐敗産物の活力を一気に抑え込み、善玉菌を全力で加勢する。腸内が弱酸性になると、カルシウムやマグネシウムなどが吸収しやすい水溶性に変わるので、ミネラル不足も補える。

 特に酢酸は、殺菌作用と静菌作用を武器に、悪玉菌を退治したり、増殖を抑える。まさに、腸内のスーパーマンだ。この短鎖脂肪酸をパワーアップするのは簡単。オリゴ糖や食物繊維を豊富に含む食品を食べたり、ビフィズス菌などの有益な腸内細菌を増やせば、腸内はますます元気になる。

 ウイルスや病原菌から体を守る腸管バリア機能も、短鎖脂肪酸の得意技だ。腸の表面を広げると、ざっとテニスコート1面分になる。広い腸表面は、食事で取り込まれたウイルスや病原菌がウヨウヨといる超危険地帯。しかし、感染は簡単に起きない。酪酸やプロピオン酸は、粘膜の腸管バリア機能を楯にして、病原体の侵入をシャットアウトするからだ。

 日本人の大腸がんの死亡率は、女性第1位、男性第3位。酪酸は、大腸細胞の異常増殖や病変を抑え、アポトーシス(細胞死)や粘膜物質のムチンの分泌を促すため、大腸がんの予防効果を高める。肝臓がんの細胞増殖を抑えるプロピオン酸の腸能力も驚異的だ。

 がんの予防だけではない。酢酸、プロピオン酸、酪酸は、大腸の蠕動運動を促したり、免疫反応を制御したり、全身の生体調節機能を高めたり、交感神経系を介してエネルギーバランスを整えたりと、まさに八面六臂の大活躍だ。大腸がん、肥満、糖尿病、免疫疾患などを予防する腸内のスーパーマン、短鎖脂肪酸の大活劇に目が離せない。

佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。