展覧会「浮世絵から写真へ」江戸東京博物館で開催 - 江戸時代の浮世絵と写真の「接点」に注目

写真拡大

展覧会「浮世絵から写真へ - 視覚の文明開化 - 」が江戸東京博物館で開催される。期間は2015年10月10日(土)から12月6日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

明治時代の絵と写真が一緒に展示されることは珍しくないが、本展は江戸時代の浮世絵と写真の“接点”に注目した展覧会となっている。

例えば、モノクロで撮影された明治初期の風景写真には、江戸時代に制作されたカラフルな浮世絵や、江戸時代に刊行された版本の挿絵にそっくりな作品が登場する。会場では浮世絵と写真の意外な共通点を楽しむことができるだろう。

また、現在では見ることができない油絵と写真を融合した「写真油絵」という技法も紹介。制作者たちが残した、貴重な作品をみることができる。

幕末から明治にかけて織りなした多彩な表現の数々を通して、日本文化の近代化の一面を見てみて。

【開催概要】
特別展「浮世絵から写真へ - 視覚の文明開化 - 」
会期:2015年10月10日(土)〜12月6日(日)
会場:江戸東京博物館 1階特別展示室
住所:東京都墨田区横網1-4-1
TEL:03-3626-9974(代表)
アクセス:JR 総武線「両国」駅西口、徒歩3分

開館時間:9:30〜17:30
※土曜日は午後7時30分まで。
※入館は閉館の30分前まで。
休館日:月曜日休館
※月曜日が祝日または振替休日の場合は翌日

■展示替え
前期展示:10月10日(土)〜11月8日(日)
後期展示:11月10日(火)〜12月6日(日)
※1週間毎、2週間毎に頁替えをする作品あり。

■観覧料
特別展専用券
・一般 1,350円(1,080円)
・大学生・専門学校生 1,080円(860円)
・中学生(都外)・高校生・65歳以上 680円(540円)
・小学生・中学生(都内) 680円(540円)

特別展・常設展共通券
・一般 1,560円(1,240円)
・大学生・専門学校生 1,240円(990円)
・中学生(都外)・高校生・65歳以上 780円(620円)
・小学生・中学生(都内) なし

※( )内は20名以上の団体料金。
※次の場合は観覧料が無料。未就学児童。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳を持参の人と、その付き添いの人(2名まで)。
※小学生と都内に在住・在学の中学生は、常設展観覧料が無料のため、共通券はない。
※中・高・大学・専門学校生の方は学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するもの(健康保険証、運転免許証など)の提示が必要。 
※毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は観覧料が無料。年齢を証明できるものを持参。