「バリア肌コース」で、肌のうるおいを守り、ふっくら肌に(写真は「ナノケア EH‐SA96」ピンク)

写真拡大

パナソニックは、季節の変わり目などに肌が敏感になり不調を感じる女性に、新たに「バリア肌コース」を搭載して、肌に刺激の少ない低めの温度で、肌のうるおいを守りふっくら肌へ導くスチーマー「ナノケア EH‐SA96」ほか2機種を、2015年11月1日に発売する。

短時間で温スチーム&冷風

「W温冷エステ」の「ナノケア EH‐SA96」は、肌のゆらぎを感じるときに、うるおいのバリアを高める「バリア肌コース」搭載。温スチームが2か所から発生して顔全体にうるおいを与え、その後、「潤冷風」(微量のミストを含み、肌温度を下げすぎない冷風)を2か所から発生させて、短時間で温スチームと冷風を繰り返す。

肌温度の急激な変化を抑えて、肌あたりが優しく低めの肌温度を保ち、肌のうるおいを守る。また、化粧水のなじみをよくすることで、ふっくら肌へ導く。

生活シーンやなりたい肌に合わせて選べる温冷プログラム(自動コース)や単独の温冷コースを搭載。忙しい女性のライフスタイルに対応した。

また、専用のアロマタブレットを使ってスチーマーを浴びながら、好きな香りでリラックスした時間を過ごせる。「真正ラベンダー」のアロマタブレットをお試し用で付属。別売り(希望小売価格、税別2500円)で、「真正ラベンダー」と「ベルガモット」「ゼラニウム」の3種類の香りで各4個入りを用意した。使用目安は1個あたり15回分(12分使用時)。

あわせて、2WAYタイプの「ナノケア EH‐SA64」とコンパクトタイプの「ナノケア EH‐SA35」を発売する。

いずれも、オープン価格。