3人の女性作家の絵画展「絵画を抱きしめて」が銀座の資生堂ギャラリーで開催

写真拡大

美の基準やその表現方法は時代とともに変わり続けているもの。そんな中、伝統的な“絵画”の新しい可能性に挑戦している3人の女性作家の展覧会「絵画を抱きしめて Embracing for Painting(エンブレイシング フォー ペインティング)」が銀座の資生堂ギャラリーで開催されている。「美しい生活文化の創造を使命とし、個々の美の多様性を認め、その人がその人らしく生きるアクティブな生活者を応援する」という視点から、阿部未奈子氏、佐藤翠氏、流麻二果氏の3人の作家が選ばれたそう。さっそく広報担当者に詳しく聞いてきた。

※メイン画像は、「Scene no.45」/作・阿部未奈子
展覧会は二期にわたり、Part1の「絵画との出会い」は7月31日(金)〜8月23日(日) 、Part2の「絵画に包まれて」は 8月28日(金)〜9月20日(日)で、それぞれの期間で全作品が入れ替えられるのだそう。

Part1「絵画との出会い」では、それぞれの絵画の特徴をゆったりと味わえるように、3人の作家の大画面の平面作品を展示しているそう。

「鑑賞者が作家 の提示する絵画世界の中へと深く入り込んでいくような作品との出会いを創出します」(同)

Part2「絵画に包まれて」では、絵画によるインスタレーションを展示。横幅が5メートル以上もある阿部氏の平面作品や、壁に取り付けた棚に小さな絵画を並べたり鏡にペインティングを施したりした佐藤氏の作品、複数の変形キャンバスと床シートが一体となった流氏の作品などが並ぶ。

「イメージと色彩の渦の中に包まれるような絵画体験の創出に挑戦します」(同)

ひとつのタブローに収まらない作品は、これまでにない特別な鑑賞の場を用意してくれているはず。


まったく違った手法で絵画に取り組む3人の画家の作品を並べているのも、今回の展示のポイント。風景画を専門とする阿部氏は、自然の風景を撮影した写真をパソコンに取り込んで加工した下絵をもとに、キャンバスに描きたいものをマスキングテープで縁取りして、そこにローラーをかけて油絵の具で着色、この工程を繰り返して風景を描いていくのだそう。

一方、自身の好きなものや身近なものの魅力を空気感ある絵画で表現する佐藤氏は、絵筆をさっと流すようなラフなタッチで綿布にアクリルと油絵具で描く。

東日本大震災以降、人と自然の風景をテーマにした作品を手がけるようになったという流氏は、色鮮やかで表情豊かな線にこだわった透明感のある抽象画を描く。油絵とは思えない、その透明感に引き込まれるてしまうはず。


展示されてている作品は横幅が130〜362cmと、どれも迫力のあるものばかり。実物を目の前にして圧倒されるだけでなく、その心には印象的に残るはず。感動の1枚にやっと出会えるかも!

9月6日(日)には、作家3人とモデレーターによるギャラリートーク(無料、定員60名)も予定されている。3人の作家がなぜ絵画を選ぶのか、それぞれの生き方、ライフスタイルにとって制作することとは何かなど、ここでしか聞けないトークが繰り広げられる。作家それぞれのスタンスを聞いたら、これまで以上にアートを楽しめるようになれるかも。