セレブな高級店の株主優待ベスト4と ランチ向きの株主優待ベスト5はコレだ!

写真拡大

今や株主優待でほとんどのことができるようになった。それは外食分野で特に顕著。そこで、今回はたまには贅沢デートというときに使える高級店で使える株主優待とサラリーマンの節約にも威力を発揮するランチで使える株主優待を合わせて紹介しよう。

株主優待を使ってミシュラン店を
なんと割引で利用できる!

 株主優待を使って、星付きレストランが割引に!? そんな太っ腹な外食優待も注目を集めている。

 ひらまつ(2764)は、フランス料理店最高峰の3つ星レストラン「ポール・ボキューズ」の流れを汲む「ブラッスリー ポール・ボキューズ」など、高級感あふれるレストランの飲食代が割引に。

 ツカダ・グローバルホールディング(2418)の株主優待対象には、なんとミシュラン2つ星の「分とく山」(ホテルインターコンチネンタル東京ベイ内店舗)も……。このためだけに株を買うのもアリだ。

 最後に、関西人ならばセレブタウンに位置する芦屋モノリスや神戸市指定有形文化財のジェームス邸を割引で利用できるノバレーゼ(2128)をチェックしてほしい。

 お台場の完全会員制ホテル「東京ベイコート倶楽部」で唯一、一般利用が可能なレストラン「リストランテOZIO」が対象となっているのがリゾートトラスト(4681)の株主優待だ。

 とっておきの記念日用の外食株主優待として活用できそうだ。

ランチで使えるのはホントに助かる!
会社員の給料前の金欠時の強い味方に

 セレブな外食株主優待情報に酔いしれた後は、サクッと現実に戻り、お父さんのランチ向け株主優待情報を紹介しよう。

 まずは王道の吉野家HD(9861)は、桐谷さんもお気に入りの株主優待銘柄の一つ。牛丼だけでなく、「そば処吉野家」では本格的な十割そばも堪能でき、「京樽」「はなまるうどん」でも使える。「肉はちょっとヘビー」という世代のお父さんにもうってつけだ。

 とんかつ専門店「かつや」のアークランドサービス(3085)も「天丼あきば」やイタリアンカフェ「チェントペルント」を展開している。

 定食屋の「大戸屋ごはん処」で知られる大戸屋HD(2705)は弁当の「おおとや厨房」、炭火焼・おばんざい風料理店の「おとや」なども展開している。

 ロイヤルHD(8179)も、桐谷さんお気に入りの銘柄。「てんや」の天丼が優待券1枚で食べられるムダのなさが魅力だ。

 プレナス(9945)は定食の「やよい軒」はもちろん、持ち帰り弁当の「ほっともっと」でも使える。

 雰囲気……はともかく、金欠時にも強い味方になってくれる実用派としてチェックしたい。