Doctors Me(ドクターズミー)- シミ、しわ、たるみ…「お肌の曲がり角」といえば何歳?

写真拡大 (全2枚)

なんだか最近お肌のうるおいが…そんな風にお悩みの方はいませんか?
アンケートサイト「みんなの声」のお肌に関しての調査によると、下記のような結果になりました。

【「お肌の曲がり角」といえば何歳?】


この結果の真意について、医師に聞いてみました。

Q1 お肌の曲がり角は、28〜30歳?

お肌の曲がり角。すなわち、シミやしわ、肌のつやが悪くなっていく時期ですが、基本的には20代後半から30歳にこの変化が現れてきます。皮膚の状態は、皮膚に含まれる水分の量で決まっており、赤ちゃんは皮膚の水分が非常に多く、ぷりぷりとしていますが、年を重ねていくにつれ、皮膚の水分が減っていき、しわが増え、かさかさした状態になっていきます。この皮膚の水分はコラーゲンと強い関係にありますが、20代後半から極端に減り始めるのです。

Q2 肌の老化を促進させることとして、何が挙げられますか?

下記等が挙げられます。

・日光
・タバコ
・アルコール
・食事(脂、肉がよくないとされています)
・睡眠不足
・ストレス
・疲れ
・化粧品(長時間付けていると肌に負担がかかります)

Q3 年代別の的確な肌のケア方法を教えてください。

<10代>
特に気にすることはありませんが、極端に肌の負担がかかることはなるべく避けましょう。例えば、日差しの強いところに長時間いる、化粧を落とさず寝る、などが挙げられます。

<20代>
そろそろ気をつけて、日光を避けるようにしましょう。日焼け止めクリームなどを用います。

<30代>
日光に加え、周りの環境(タバコなど)にも気をつけ、さらには、睡眠不足、ストレス、食事にも気をつけてください。日焼け止めクリーム、日傘などで日光を遮断し、保湿のために化粧水もしっかり塗るようにしましょう。

<40代>
老化を止めることはできず、後らせることが主になります。市販の化粧品なども使いながら、水分を保つようにしていきます。特に保湿効果の高いものを選んで下さい。