Doctors Me(ドクターズミー)- 幻聴で殺人を犯す?!幻聴に従ってしまう理由とは

写真拡大

幻聴によって、殺人までおかしてしまう病気をご存知ですか? これは精神的な病気の他、ドラッグ、アルコール依存症などが引き起こす精神疾患に陥っている可能性もあるといわれています。もしかしたらあなたの身近でも起こるかもしれない、この幻聴の恐怖について、詳しく見ていきたいと思います。

幻聴、その実態とは!?

<症状>
幻聴とは実際には聞こえるはずのない声を聞くという幻覚の一種で、それにはいくつかの原因が考えられます。

<幻聴を引き起こす6つの要因>
1. 統合失調症(ひと昔前まで精神分裂病といわれていた疾患)
2. 危険ドラッグや覚醒剤といった精神に作用する薬物
(統合失調症に似た幻聴を認めますので両者の鑑別が重要)
3. ヒステリーやうつ
4. SLEなどの膠原病からくる精神症状
5. アルコール中毒
6. 極限状態下での精神状態
……などによっても幻聴が見られることがあります。まとめますと疾患由来、薬物由来、健常者での特殊環境下などで見られるものです 。

幻聴は、一体どのようなものなのか

音や音楽などが聞こえる場合もありますが、最も多いのが対話型だといわれています。これは、例えば換気扇や体の内側からといった、本来ありもしないところから聴こえてくる、といったことが特徴です。

気になる幻聴、6つの特徴

1. 指図や命令といったものが多い
2. 統合失調症では不調の時はそれが現実の声なのか幻覚なのか区別がつかない
3. 命令されたことに従ってしまうことがある
4. 統合失調症では幻聴の他、妄想も作用して行動に移ってしまうことも
5. 薬物による幻聴も統合失調症と酷似。現実との区別がつかず行動に移るケースがある
6. 逆らうことができないと脳が判断してしまう状況に置かれている可能性大

幻聴は改善できるの?

統合失調症の原因はいまだにはっきりしていませんがおそらく脳内のドーパミンという物質が関与しているのではないかと考えられています。覚醒剤なども同様にドーパミンの関与が幻覚の原因だと考えられているので、治療ではそのドーパミンの働きを抑えるものを医師の指示のもとに処方され、内服や注射することで症状を抑えていくことになります。

医師からのアドバイス

統合失調症の場合は基本的に慢性疾患でありますので副作用に注意しながら幻聴を抑えるのに必要な最低限のこれらのお薬を飲み続けることが必要になってきます。