大儀見優季のキャリアから学ぶ女子サッカーで知っておきたい5つのこと

写真拡大

13日、なでしこジャパンのエースストライカー大儀見優季が2年契約でフランクフルトへ移籍することになった。彼女のキャリアを見てみると、女子サッカーの面白い事実がいくつも浮かび上がる。

今回は5つのトリビアをお届けする。


フランクフルトへの移籍はある意味禁断の移籍

大儀見はトゥルビネ・ポツダムに2009年から2013年まで在籍していた。ポツダムとフランクフルトはブンデスリーガ、そしてチャンピオンズリーグで激しいライバル関係にある。

2014-15シーズンの女子チャンピオンズリーグを制覇したフランクフルトだが、ブンデスリーガでは3位。リーグ優勝は2007-08シーズンを最後にできていない。

その間に4度の優勝をしたのがポツダムであり、そこでストライカーを務めていたのが大儀見である。2012-13シーズンにはブンデスリーガ得点王に輝いている。

チェルシーを救ったジョン・テリー

大儀見は、2013年にチェルシーへ移籍している。チェルシーといえば、男子サッカーの世界では金満で知られるが、女子の世界では決して豊かではなく国内リーグでも強い存在ではなかった。

チェルシーのレディースチームを財政的に救ったのは男子チームの主将ジョン・テリーだ。毎年減らされていた女子チームの予算カット分をポケットマネーから補てん。

2011年にイングランドの国内リーグは再編されFA WSLとなるのだが、(チェルシーのレディースチームは)現在ではアーセナル、リヴァプールと並び存在感を発揮している。

今年に入り女子FAカップを初制覇、ジョン・テリーも喜びの声を発している。

チェルシー時代のチームメイトは大物揃い!?

チェルシー時代7番をつけていた大儀見だが、6番はイングランド女子代表DFのローラ・バセットであった。

そう、先日のワールドカップ準決勝でオウンゴールをしてしまったあの選手である。川澄からのパスの先にいた大儀見の凄さを誰よりも知っていたからこそ足が伸びたのかもしれない。

また、2014シーズンの同僚だった韓国女子代表チ・ソヨンはかつてINAC神戸でプレーしており、女メッシの異名をとった。

View image | gettyimages.com

背番号9は初

大儀見がフランクフルトでつける背番号は9となる様だ。なでしこジャパンのエースストライカーである大儀見だが、実はクラブで9番をつけるのはこれが初めてのこと。

日テレ・ベレーザでは25、23、22、20、19番、ポツダムでは17番、チェルシーでは7番、ヴォルフスブルク時代は19番をつけていた。


フランクフルト公式サイトより。ジークフリート・ディートリッヒ監督と大儀見の2ショット。

女子ブンデスリーガ上位陣には日本人選手が数多く在籍!

2014-15シーズンの女子ブンデスリーガで優勝したバイエルン・ミュンヘンには岩渕真奈が、2位のヴォルフスブルクには大儀見優季、3位のフランクフルトには安藤梢が所属していた。

フランクフルトには、2013年まで熊谷紗希も所属していた。1位〜3位のチーム全てに日本人選手がいることは本当にすごいことなのだ。

動画は、昨年9月のヴォルフスブルクVSバイエルン・ミュンヘン戦。岩渕は2トップの1角として先発出場をしている。

男子サッカーの世界とは強豪チームが違うためわかりにくい部分もある。だがしかし、なでしこジャパンのエースストライカーは伊達じゃなかった。