苦しい2日目となった鈴木愛、最終日巻き返しなるか?(撮影:ALBA)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇15日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,583ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の2日目。単独2位からスタートした鈴木愛だったが、ノーバーディ・4ボギーと大乱調。トータル3アンダーの30位タイまで順位を落とした。

 調子の良かったショットにいつものキレが無かった。「朝の練習からからショットもパットも良くなくて。いつもはコースに入ると良くなるんですけど…」。1番ホールから初日とはまるで別人のようだった。
 ショットは徐々に復調してきたものの、パターの感覚は最後まで戻ってこなかった。「ラインも難しく、入るようなパットもほとんどなかったんですが、思い通りに打てていなかった。こんなにパットが悪いのは久しぶりですね」と肩を落とした。
 これで首位とは8打差。一気に離されてしまった。「優勝は厳しいと思うので、良い意味で期待せず伸び伸びやっていきたい」。明日の最終日は自然体で、復調のきっかけを掴むべく戦っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】西山ゆかり、「勝利へのアドバンテージ」となったクラブとは?
人気女子プロの秘蔵フォト満載!「写真館」