大山志保、圧巻のハーフ“29”で2位に急浮上!(撮影:ALBA)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇15日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,583ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の2日目。8位タイからスタートした大山志保が8バーディ・2ボギーの“66”でラウンドし、首位と1打差の10アンダー単独2位に浮上した。
この日の大山志保のプレーを「ライブフォト」で振り返る!
 初日のバーディフィニッシュに「良い流れで明日につながる」と話していた大山だったが、2日目は序盤から躓いてしまう。1番のティショットを右の林に入れてボギー発進とすると、4番でもセカンドショットを右の林に入れてボギー。「バタバタしてしまった」と周りが伸ばす中、スコアを2つ落とした。
 そんな悪い流れを断ち切ったのはキャディからの言葉。「リズムが早くなってるよ。まだたくさんホールはあるし焦らず行こう。バーディは必ず来る」。それを受け落ち着きを取り戻すと、6番で5メートルをねじ込みこの日最初のバーディを奪取。1つ戻してハーフターンした。
 するとバックナインでは大爆発。10番のバーディを皮切りに、あれよあれよという間に7バーディ。ハーフ“29”をたたき出した。大山らしいバーディラッシュでリーダーボードを駆け上がった。
 ギャラリーの声援が力になった。「この大会が好きな理由の1つに声援の多さがあります。ギャラリーのみなさんが気合い入ってるから、私も気合いが入ります。今日も“(バーディを)もう一個もう一個”と言われて乗せられた感じですね」と語る援護射撃が今日のスコアを後押しした。
 「明日もティショットを力まずフェアウェイに置くことを意識してやりたい。優勝スコアが15アンダーくらいだと思うので私もそこを目指してやりたいですが、こだわりすぎず一打一打集中してやりたいですね」。昨年大会はプレーオフに進出もイ・ボミ(韓国)に惜敗。悔しさを胸に臨んだ今大会、逆転優勝でリベンジ果たすことができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>