服部真夕が3年ぶりの優勝に王手!(撮影:ALBA)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇15日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,583ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー『NEC軽井沢72ゴルフトーナメント』は2日目の競技が終了。初日3位タイにつけた服部真夕がこの日7バーディ・1ボギーの“66”で回り、トータル11アンダーで首位に浮上、3年ぶりの優勝に王手をかけた。
会場から撮れたて直送!LIVEフォトをチェック
 1打差のトータル10アンダーには大山志保。続くトータル9アンダー3位タイにはテレサ・ルー(台湾)。さらにトータル8アンダー4位タイには西山ゆかりと若林舞衣子がつけた。
 
 また、この日は渡邉彩香が16番でアルバトロスを達成する快挙を果たしている。その渡邉はトータル5アンダーで14位タイに浮上した。
【2日目の結果】
1位:服部真夕(-11)
2位:大山志保(-10)
3位:テレサ・ルー(-9)
4位T:西山ゆかり(-8)
4位T:若林舞衣子(-8)
6位T:申ジエ(-7)
6位T:藤本麻子(-7)
8位T:原江里菜(-6)
8位T:金田久美子(-6)
8位T:全美貞(-6)他
14位T:渡邉彩香(-5)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>