和食も中華もパスタも食べられる! 多業態のお店で使える株主優待ベスト3とは?

写真拡大

株主優待で外食店の食事券をもらっても、一つの業態でしか使えないと同じ物ばかり食べなければいけない確率が高まり、株主優待券を使うのが億劫になることも…。今回はそんなリスクがない株主優待を紹介しよう。

多業態を展開する株主優待銘柄なら
居酒屋からカフェまで一社で二度楽しめる!

 1社でイタリアンや和ダイニングなど、多様な業態の店を展開する会社なら、株主優待の楽しみもグンと広がる。今とくに、株主優待ブロガーの間で人気なのが、別掲の3社だ。

 まず、クリエイト・レストランツHD(3387)は24時間営業の大衆居酒屋から、フランス最優秀料理人賞(MOF)受賞のシェフが手掛けるベーカリーカフェまで幅広く出店。

 ワイズテーブルコーポレーション(2798)は、イタリアンと和食が楽しめる「XEX」など、オシャレ&融合系レストランが人気を集めている。

 ユニークなコンセプトレストランで知られるダイヤモンドダイニング(3073)は、飲食店以外、高級志向のカラオケルームやインターネットカフェも展開。食べるだけでなく、雰囲気や空間を楽しめるのが魅力となっている。

 飽きることなく株主優待が使える3社。株主になることを考えてみてはいかがだろうか。 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ9月号には、桐谷さんが監修の保存版の別冊付録「株主優待目的別ベストチョイス100」がついている。外食の他、「食卓を豊かに!」「お小遣いアップ!」などの目的に応じたベストな株主優待株を優待写真付きで完全掲載。さらに、外食の優待券については、額面の刻みや使用制限以外の桐谷さんならではのワザを完全網羅で掲載している。高配当株の大特集や株主総会のおみやげ図鑑までついたダイヤモンド・ザイ9月号をアナタの投資にぜひ役立ててほしい。