生きた化石「カブトエビ」

写真拡大 (全2枚)

 夏休みの自由研究といえば、朝顔の観察日記や昆虫採集、ふだんは作れない大きな工作などさまざま。最近はLEDやロボット、ピカピカのどろだんごづくりも人気で時代は変わったと思わされるが、20年以上前に人気だったテーマも現役だ。たとえば、2億年以上前の姿をとどめている生きた化石「カブトエビ」の飼育がある。なぜ、カブトエビは今も教材に選ばれているのか。

 創刊90年を越える子ども向け科学雑誌『子供の科学』(誠文堂新光社)では昨年「カブトエビ飼育・観察キット」を売り出した。土舘建太郎編集長によれば「子どもたちからの反応もよく、親世代からは懐かしむ声が多い」人気教材だという。今年も夏休みの自由研究のおすすめテーマとして特設サイトで取り上げている。

「誕生から最後までを観察できる教材を探していたところ、カブトエビの卵をアメリカから輸入できることがわかりました。乾燥卵を販売していますが、そのままで2、3年保存可能で扱いやすいことから選んでいます。卵から孵化して一生を終えるのがちょうど50日くらいで、夏休みに成長記録をつけて最後まで見届けられます。教材としてもちょうどよいものなんです」(前出・土舘編集長)

 教材として販売されているカブトエビは輸入品だが、日本にもカブトエビは生息する。1916年に香川県で確認されたのが初めてで、水田の草取り虫として飼育実験が行われたこともあった。今では日本全国で確認されている。ただし、田植えの時期に水田に現れることから、発見後も長らく農家からはオタマジャクシと混同されていた。今でも6〜7月ごろに水田を探すとカブトエビが泳いでいることがあるが、農薬に弱いため、薬が散布されると姿を消してしまう。

 子ども向けの教材として使われるようになったのは、1971年に学習指導要領が改訂され「水中の小さな生物」という項目が加わってからのこと。『大人の科学マガジン特別編集 科学と学習』(学研教育出版)によれば、理科の単元にあわせて付録が作成され、2年生の「池や小川の生物」単元にあわせて「カブトエビの飼育セット」が『2年の科学』1979年7月号から付録に採用された。この付録で飼育に取り組んだ大人も多いだろう。

 しかし国内で繁殖が下火になったこともあり、カブトエビは子どもの理科の教材からいったん姿を消した。代わりにシーモンキーやおばけえび(ホウネンエビ)などが選ばれているが、1990年代半ばに輸入雑貨「トリオップス(※カブトエビの学名)」として販売されたことをきっかけに、かつて育てた大人たちの間で人気を集めた。

 その後、再び子ども向け教材として再登場し、2010年に休刊する前の『2年の科学』付録にも再登場している。いまでも前出のキット以外にも「エビ伝説」(日本動物薬品)や「ヒーリングラボ トリオプス」(タカラトミー)などがある。

 子どもの理科の教材だったとはいえ、カブトエビの卵を孵化させ、飼育するのは難しかった思い出を持つ人も多いだろう。小学校低学年には、難しい教材ではないだろうか。

「温度や光など、卵を孵化させて育てるには色々な条件が必要です。けっこう難しいところもあるので『カブトエビ飼育・観察キット』には、カブトエビが卵から生まれてくる条件をかなり細かく書いた冊子をつけました。小学校1、2年生だったら保護者の方と一緒に、小学校6年生くらいなら自分で調べながら取り組める教材です。運が良ければ卵を産むので、次世代のカブトエビを育てることもできますよ」(前出・土舘編集長)

 子どもの自由研究のためといいつつ、20年以上前の失敗を取り返したい保護者がカブトエビに夢中になることもありそうだ。

●撮影/佐々木浩之