<全米プロゴルフ選手権 2日目◇14日◇ウィスリング・ストレイツ(7,501ヤード・パー72)>
 今季最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」の2日目。15位タイから出た松山英樹は前半のプレーを終了。この日は2番パー5でボギーが先行するが、5番パー5と7番パー3でバーディを奪取。8番でもスコアを落とすが、9番ですかさず取り返し、前半で1つスコアを伸ばしトータル3アンダーでバックナインのプレーに入った。現在の順位は19位タイ。
 午前スタートの小田孔明と岩田寛はすでにプレーを終了。小田は5つ伸ばしトータル2オーバーでフィニッシュ。現在のカットラインは1オーバーで予選突破は後続の選手たちのプレー次第となっている。岩田寛はこの日“63”をマーク。スコアを9つ伸ばす猛チャージでトータル4アンダーでフィニッシュ。現在11位タイにつけている。
 現時点での首位はトータル7アンダーでフィニッシュしたデビッド・リングマース(スウェーデン)。1打差2位にはジョーダン・スピース(米国)らがつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>