"うどん県"を自称する香川県だが......(香川県のHPより)

写真拡大

 昨年、香川県が小学4年生を対象に行った血液検査で、肝機能・脂質・血糖値それぞれに異常を示した子どもが、約1割にものぼることがわかった。

 調査は香川県の17市町のうち、16市町の8264人が対象となった。肝機能で異常値を示したのは、男女平均で11.0%(男子12.4%、女子9.5%)。脂質の検査値である、総コレステロールや中性脂肪などの値に異常をきたしたのは、男子が10.2%、女子が11.5%で、女子のほうがやや高め。一方、血糖値について、高血糖状態が持続していることを示すHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)の値に異常をきたしたのは、男子が12%、女子が10.9%と、こちらは男子のほうが若干高かった。

 異常値を示した子どもたちの生活習慣を調査すると、「腹いっぱい食べる」「早食い」「1日のゲーム時間が長い」「特別な運動をしない」などが多かったという。

深刻に捉えたい小児メタボリックシンドローム

 厚生労働省は、子どものメタボリックシンドローム予防・対策施策を実施しており、その研究も重ねている。6〜15歳の小児メタボの診断基準は、腹囲が中学生80cm、小学生75cm以上かどうかや、身長と体重から算定する肥満度(%)によって決まってくる。

 厚生労働省の学術研究班の一員である小児科専門医の見解によれば、肥満小児の多い地域は、ファーストフード店の多い地域と合致しているという。また、夜食が多い、朝食を欠食するなどの傾向もあるようだ。

 しかし、いずれも原因を特定するのはむずかしい。おそらく大人と同じように、あらゆる悪習慣が積み重なって起きている現象と考えられる。メタボの大人と同じものを摂取していれば、子どもも当然、同じようにメタボ傾向になることは、容易に予測できるだろう。

メタボの原因は「うどん」か?

 しかし、香川県で実施されたデータに限って言えば、ひょっとしたら「うどん」の影響もあるのではないかと疑わざるを得ない。というのも、香川県は糖尿病患者数ワーストクラスの県で知られており、あの香川名物「讃岐うどん」を毎日のように食べることが原因ではないかという声も上がっているからだ。実際、香川県民は、2日1度はうどんを食べている計算になるという。

 しかしながら、実際、血糖値とうどんとの関連を調査すると、うどんの食べ過ぎが直接、糖尿病につながっているわけではないことが判明している。では何が糖尿病を引き起こす原因なのか?

 ある説によれば、香川県は野菜摂取量が少ないことでもワーストクラスを記録したことがある。香川県には、うどんという糖質に加えて、おにぎり、いなり寿司、かきあげ、天ぷらなどの糖質や脂質をトッピングする習慣がある。この食べ方が問題として大きいのではないかと考えられているのだ。そのことに気づいた香川県は、野菜たっぷりの"ヘルシーうどん"をアピールしており、県内の約200店舗を掲載した「ヘルシーうどん店」マップを作成・配布するなど、メタボ対策を講じている。

 また、香川県は車社会でもある。日常的な運動不足も、糖尿病が多い原因といわれている。子どももどこかへ出かける際には、親について車で移動することが多いのかもしれない。

 子どものうちから高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病になることほど不幸なことはない。香川県に限らず、子どものメタボリスクは、親が回避してあげる必要がある。子を持つ親は、食事の食べ方や時間、運動習慣など、ぜひ総合的に見直していただきたい。
(文=編集部)