テッド:オリジナルサウンドトラック

写真拡大

ユニバーサルミュージックジャパンは、映画「テッド2」が2015年8月28日から日本で公開されることを記念し、前作「テッド」のサウンドトラックCDを、解説や歌詞、歌詞の対訳を付けた初めての国内盤として8月12日に発売した。価格(税別)は2200円。

「エヴリバディ・ニーズ・ア・ベスト・フレンド」や「雷兄弟の歌」収録

「テッド」は、人間のように振る舞うテディベアのテッドが主役のコメディ映画。かわいいルックスとは裏腹に、中年男性の命が宿り、性格や言動が下品で「世界一ダメなテディベア」のキャッチがつけられた。日本では13年に公開され、映画観客動員ランキングで初登場1位となるなど、ブームを巻き起こした。

発売される国内盤サントラCDには、第85回アカデミー賞主題歌賞にノミネートされた、ノラ・ジョーンズの「エヴリバディ・ニーズ・ア・ベスト・フレンド」や、海外盤には未収録の、劇中でテッドと友人のジョンが歌う「雷兄弟の歌」などが収録されている。

映画の監督、脚本、制作、英語版のテッドの声を務めたセス・マクファーレンは音楽活動もしており、デビューアルバムはグラミー賞2部門にノミネートされた経歴を持つ。サントラCDの制作にも、作曲家ウォルター・マーフィーとともに参加している。

なお、新作「テッド2」のサントラも、iTunesなど主要サイトで配信中。ノラ・ジョーンズの「Mean Ol' Moon」やレイ・チャールズの「Mess Around」などが収録されている。こちらは1600円。