テレサ、今季3勝目へ好スタート!(撮影:ALBA)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇14日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,583ヤード・パー72)>
 長野県にある軽井沢72ゴルフ 北コースで開幕した「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」。テレサ・ルー(台湾)が8バーディ・ノーボギーの圧巻のゴルフで単独首位発進を見せた。
テレサの特選フォトギャラリー、ドレス姿も!
 「全英リコー女子オープン」で6位フィニッシュのテレサが、主戦場でも魅せた。1番でバーディを先行させて勢いをつけると前半だけで5バーディ。後半も12番、13番で連続バーディを奪うなど最終的にスコアを8アンダーまで伸ばし、リーダーボードの最上位で初日を終えた。
 「調子が良かった。ティショットもセカンドも思い通りの位置につけられた」とビッグスコアの要因を語ったテレサ。その好調ぶりは「今日は1日中バーディパットを打っていた感じ(笑)」というコメントが冗談に聞こえないほどだった。
 そして、付けたチャンスをモノにできたのは、ターンベリーで学んだ思考法だ。「パターは余計なことを考えたら入らない。全英でも最初の3日間はあまり考えず打っていたら入ったのに、最終日に“優勝したい”と思い出したら入らなくなった。余計なことを考えず、自分のルーティンをキープすることが大事ですね。今日もそのことを意識しました。難しいんですけどね(笑)でも、今日は入ってくれた」。
 「グリーンも止まるし、みんなバーディを獲るので優勝スコアは20アンダーくらいかな」と予想したテレサ。明日も全英で得た経験を胸に、自然体で掲げた数字を目指していく構えだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>