■綿谷さちこのクレカの強化書

 クレジットカードの最高峰のグレードに位置付けられるブラックカード。よほどのお金持ち、もしくは地道に系列のカードを使い続け、信用を高めた人のみが招待される夢のカードだ。つまり一般人には高嶺の花。それだけに持っているとカッコイイ!

 ちなみにブラックカードの年会費は10万円以上が一般的。最強のブラックカードと呼ばれる『アメックス センチュリオン』は、なんと年会費35万円(税別)というから驚きだ。持っているとそれはそれはカッコイイだろうが、見栄を張るにも限度がある。万が一、招待されても、謹んでお断りさせていただきたい(まぁ招待されることは確実にないだろうけど……)。

 ということで今回は、ブラックカードに憧れつつも、リーズナブルな年会費でないとカードを持てない一般ピープルにおすすめの、ブラック風カードをご紹介しよう。実は意外にも世の中にはブラックをベースにしたデザインのクレジットカードが多い。そんな一見ブラック風というカードを5枚ピックアップ。デザインコンセプトなども加味しながら、個人的に1位から5位を選んでみた。

5位 REX CARD Lite

30200090 (CX2)REXCARD 黒

「持ちやすさ、利用のしやすさを考慮し、人気のあったブラックを採用しました。ブラックを採用するにあたって色味にはこだわり、他社で採用されている光沢のあるブラックではなく、マット(光沢を抑えた加工)にすることで、シックで大人っぽいカードフェイスになっています。裏面についてもこだわっており、表面と同色の加工を行なっています」とは広報談。シンプルなデザインで、ブラックの色の出し方を工夫しているところに好感。難を言えば、右肩の「JACCS」のロゴが目立ちすぎか…。

4位 Orico Card THE POINT

011rensai-02

広報曰く「市場調査の結果、主に若年層にはマットブラックの券面が支持されると判断しました」とのことで、このデザインになったそう。至ってシンプルでカード名やカード発行会社の表記さえも控えめなところが良い。このデザインならブラック風カードを気取りやすそうだ。

3位 リクルートカードプラス

16877630.eps

「シンプルであること、高級感があること、性別、年齢を問わず誰でもが持ちやすいことを意識して、リクルートのロゴやカラーともフィットするデザインにしました」と広報。上部のレインボーな色合いがブラックに映え、シンプルでありながら、賑やかで楽しい印象を醸し出している。

2位 Extreme Card

netmile_card_c

「一般的に言われているブラックカードを意識し、券面を黒にすることで、特別感(究極・極限といったイメージ)を出しています。しかし、実際にはブラックカードではないので差別化を図るために、現在のデザインにしました」と広報は言う。ブラックカードを意識したデザインとしっかり明言してくれているのが実に清々しい。宇宙映画を想像させる地球越しの光も希望を感じさせてくれる。

1位 Reader's Card

¼Þ¬¯¸½ƒAƒ}ƒ?ƒ“ƒJ[ƒg?o—Í—p_VISA

「日本の裏側にある世界最大の大河をアクセントに、誰もが高級感を味わいながら使用できる黒を採用しました。日本を起点とした世界地図は、国内外でいつでもどこでも利用できることを表現しています」と広報のコメント。『Reader's Card』と言えばAmazonでのショッピング時に高還元率を誇るカード。それだけにアマゾン川をモチーフにしているのがシャレが利いていて面白い。

 これらのカードを支払い時にサッと出せば、「あれ?ブラックカード?」と思われること間違いない。「わぁスゴイ!ブラックカード持ってるんだ〜」などと女性におだてられた時に、くれぐれも持っているのは一般カードで、ブラックカードを装っていることをバラさないように気を付けて。「まぁね」くらいに留めておけば、「スゴイ!」という印象はそのまま持続してくれるだろう。

 ただしブラックカードを気取るのは、あまりカードに詳しくない女性の前だけにしておこう。詳しい女性の場合はパッと見ただけで一般カードだとバレてしまい、見栄張り男のレッテルを貼られてしまいかねない。

 以上、デザイン面のみで判断した個人的なランキングを紹介した。これに年会費やポイント還元率などが加わってくるとランキングは大幅に変わるのだが、それは各カードの紹介ページで吟味してみて欲しい。

文/綿谷禎子