目に見えないハウスダストもセンサー検知、LEDランプで確認しながら掃除できる!

写真拡大

東芝ライフスタイルは、コードレスサイクロン式クリーナーの新製品として、電動ふとん掃除用ヘッドを搭載した「TORNEO V cordless VC‐CLF1」を、2015年9月1日に発売する。

「ゴミ残しまセンサー」を搭載

ふとん掃除用ヘッドで寝具を振動させることで、ダニの死がいや糞などのアレル物質を吸引しやすくした。ヘッドに設けたプレート、「ワイドビーター」が毎分約1600回の高速で振動して、幅210ミリメートルの広い吸込み口から寝具のアレル物質を99%以上除去する。

高速の振動がふとん生地の吸い込みを抑えるため、軽い力で掃除機をかけることができ、ふとん1枚にかかる目安時間は約80秒。また、赤外線検知の「ゴミ残しまセンサー」を搭載。目に見えないハウスダストもLEDランプが点灯して知らせてくれるので、ゴミの取り残しを確認しながら掃除できる。

綿、羽毛などさまざまな寝具にあわせた、3つのお掃除モードを搭載。とくに、これまで掃除しにくかった羽毛ふとん、掛ふとんの掃除にも対応した。

独自の、水洗いできる「バーティカルトルネードシステム」も搭載。吸引力低下の原因となる微細なホコリや花粉を99%以上分離することで、強力な吸引力が99%以上持続する。

コードレス方式のため、電源コンセントが近くにない場合でも気にせず使用でき、最長約25分運転できるほか、コンパクトに収納できる充電台を付属。ダストカップは本体を充電台に差した状態で着脱できるため、ゴミ捨てが簡単にできる。

充電池は約2000回の充電使用が可能なリチウムイオン電池。

吸引したゴミはダストカップ内で約2分の1の容量まで圧縮して、ゴミ捨て時のゴミの舞い上がりを抑える。ベッド周りのすき間やソファの座面などを掃除するのに便利な「すき間ノズル」と「丸ブラシ」「クリーナー」を使用していないときのヘッドのほこり除けカバーを付けた。

色は、グランホワイト。オープン価格。