異なる世界観のロボットたちが一堂に集結

写真拡大

バンダイナムコエンターテインメント(東京都品川区)は、ニンテンドー3DS用シミュレーションRPG(ロール・プレイング・ゲーム)「スーパーロボット大戦BX」を2015年8月20日に発売する。価格は、パッケージ版・ダウンロード版とも6640円(税別)。

戦闘シーンは原作さながらのアニメ&フルボイスによる迫力の演出

異なる作品に登場するロボットたちが、作品の枠を超えて多数登場する異種格闘シリーズ最新作。プレイヤーとコンピューターが交互にユニット(持ち駒)を移動させ戦闘を行っていくシステム。シナリオクリアや特定の強敵を撃退すると出現する「スキルアイテム」をパイロットに使用するとパワーアップが可能。得意なパラメーターをさらに伸ばしたり、苦手なパラメーターを補完するなど、キャラクターをカスタマイズできる。

ニンテンドー3DSのハードウェア特性を活かし、戦闘シーンは原作さながらのアニメーションとフルボイス演出。常時カットインされる裸眼立体視対応の戦闘アニメーションは滑らかな動きで、迫力ある演出を実現したという。

登場するのは全16作品。「巨神ゴーグ」、「機甲界ガリアン」、「SDガンダム外伝」、「機動戦士ガンダムAGE」、「マクロス30〜銀河を繋ぐ歌声〜」の5作品がシリーズ新規参戦する。