その日、投稿した写真は荒れた海!

僕のパソコンには「素子」というフォルダがあります。素粒子とかそんなモノではなく、非常に悲しい、女の情念が詰まったフォルダです。なかなか結婚しないビッグアスリート四天王の中でも最後の砦・難攻不落・不沈艦・バベルの塔などと称され、三重の巨大な壁の奥で勇者の訪れを待っているラスト・サンクチュアリです。

●ソウル五輪でメダルを獲るために男と別れ、バレーに青春を捧げるも、本当に青春を全部捧げてしまい(しかもメダルは獲れず)、当時のことを振り返りながらテレビでプリンセス・プリンセスの「M」を熱唱
●ドッキリ番組でニセ合コンをセッティングされたところ、年下の貧乏男子に「お金はダメ!お金を渡すと男の人はダメになる」と持論を講釈しながら、何万円分もの商品券を渡す
●社交ダンス番組でキレイな自分を表現するつもりが、どういうわけかパートナーの男性ダンサーを持ち上げる荒技を披露
(お久しぶりです、素子フォルダです)
●テレ東の番組に出演したところ、大橋アナから「大林さんだって結婚できますよ!」と根拠のない励ましの言葉をいただく
●「おブスな芸能人を美女に変身させる」との触れ込みの企画に登場し、各界のカリスマの手を煩わせるも、真っ白く塗りたくっただけの素子が完成
●整形外科医に「217万円で松たか子になれるよ」と言われたが「身長だけはどうにもならないね」と匙を投げられた
●身長がデカすぎるため苛められた小学生時代、母親は「あなたは普通の人とは違う。自分の特技を見つけなさい」と励ましてくれたが、中学三年生で身長が180センチを超えると、母親は「成長を止めるクスリ」を病院に探しに行った
●番組の企画で男子大学生とデートした素子は、服・高級焼肉などをさんざん貢いだあげく、番組を忘れてホテルに連れ込みそうになる
●「素子のおっぱいを見せてもらう」というおっぱいバレー的な企画で、「この程度のおっぱいなら5000円で」とリアルな金額交渉をされる
●「背の高い女性が好き」という話だったのでスリムクラブ真栄田さんと合コンをしたが、「喫茶店で温かい飲み物を注文したらマグマが出てきた」と評され合コン失敗
●バレー大会の告知のためにジャニーズの若手「SexyZone」とミニドラマで共演するも、話の内容は「デカすぎてモテない素子をどうにかする」という自虐ネタで、無駄に「キリンお化け」呼ばわりまでされる雑な扱い
●最新のクルマをレポートする番組で、「私は身体が大きいので大きいクルマがいいです」と言ったところ、日本の道路は走れない鉱物輸送用のトラックをオススメされる
●全国の独身女性1万人へのアンケートから明らかになった「結婚できない女性の条件20」のうち、14項目に当てはまった素子は「結婚できない女性芸能人第1位」の座を獲得。江角マキコさんから「(これまでの男たちは)大林さんに集まってたんじゃない。お金に集まってたんです」と強烈なスパイクを浴びせられる
(このテンプレをもとにウィキペディアとか書いてる人がいるらしいですよ)
●素子を中谷美紀に変身させるというカリスマメイクアーティストが登場。今度こそはと期待すると、カリスマは医療用のテープを取り出し、素子の顔面にペタペタ。医療用なので12時間くらい保つという高性能テープで、顔面土木工事を行なった素子が完成
●写真週刊誌にホテル御曹司とのゴルフデートを激写された素子。当然と言えば当然だが、相手の経営するホテルにも2泊する「ホテル泊熱愛」で世間を騒然とさせる。いっちょ前に熱愛謝罪会見まで開くも、4、5回飲んだ程度の関係
●バレーボール・ロンドン五輪世界最終予選の告知番組に出演した素子。ショートコントの一部ではあるものの、「若い男に長い首をまきつけて絞め殺す」「若い芸人を見ると興奮して毛穴から緑色の汁を吹き出す」「朝起きるとクチからオッサンの匂いがする」などの地味にクリティカルヒットする悪口を次々に浴びせられる
●淡路島のホテル御曹司と交際中と噂の素子は、淡路島観光PRの一環として行なわれた「はも道中」なるイベントに参加。「洲本温泉女将の会」の一員として甲斐甲斐しく働くも、ニュースでは特に有名人として紹介されることもなく、単に「デカイ女将」が見切れただけ
●自称身長176センチのBerryz工房・熊井友理奈さんと共演。デカイことでの悩みなどを大いに語り合うも、視聴者は「やはり問題は身長じゃなかったんだ」という現実を再確認。しかし素子は諦めきれない夢を抱き締めて、デカモニ再結成を熊井ちゃんに持ちかける
●ワイドショーでお噂のホテル御曹司との交際がホットな素子。お相手の経営するホテルが「海月館」ということもあって、素子はテレビでクラゲ好きを猛アピール。クラゲのヌルヌルした口に指を入れながら「あー!あー!」「気持ちイイ!」「何このヌルヌル感!」などとエロティックな嬌声を上げる
●クリスマスなのに彼氏がいない女性芸能人を集めた番組で、飢えた素子は「クリスマスはもちろん、やっぱり年が変わった瞬間は交わっていたい」と大胆発言。その年のクリスマスを諦めるのは「当日」などと年末年始に賭ける執念を見せた
●テレビの人生相談番組に出演した素子は、「おばさん何言ってんの?」「一生、独身でいなさい」などの身もフタもないアドバイスをもらう。ついには11歳のはるかぜちゃんにまで「目の前にいる相手は自分の鏡って言葉があります(ω)」「まず自分が変わらなきゃいけません(ω)」と人生ごと立て直す感じのアドバイスをいただく。リアルな目線は素子が上でも心の目線は素子が下
●スマップとコントで共演した素子は、スーパーお金持ちの彼女役を演じ、家具屋で高額のお買いものをする芝居を披露。しかし、お金持ちの彼女ではなく、「新しい女装家」「女装した大林素子」「タンス」などと見間違う人が続出。演技力よりもスケール感を評価される結果に
●さまざまな年齢層の女性タレントが集い結婚・恋愛話をするという企画のテレビ番組に出演した素子。共演者がウェディングドレス姿で集っている中、「あれ?カーテンが動いているな」と思ったらウェディングドレス姿の素子だった
●未婚芸人として仕事をしているつもりが、もはやその辺は既定路線ということで世間の評価も固まり、ついに「結婚できないことは大前提として迫りくる孤独死という現実とどう向き合うか」というテーマでの番組出演オファーが届く
●人生をしくじった人が自らの体験を教訓として伝えるという番組に、「結婚できなかった私のしくじり人生」という精神的に厳しいテーマで出演した素子。素子は若手女子タレントのキッツイいじりにさらされながら、「結婚したいなら夢を捨てろ!結婚したいなら友だち捨てろ!」とシュプレヒコールをあげた
(大丈夫ですかね、こんなのソースにして)
●心斎橋の大丸がお正月のダメモト企画として、大林素子福袋を販売。購入すると30名限定の大林素子バレー教室に参加でき、楽天販売参考価格7560円相当のボールがもらえる(※素子が名前記入済み・中古品)というスペシャルな逸品となった。ちなみに、福袋の販売価格は1万円。
●職業の秘密をぶっちゃけるという番組に出演した素子は、現役当時、女子選手の尻を狙うスケベカメラマンを喜ばせるため、ノーパンでお尻がハミ出すハイレグブルマを着用していたことを告白。秘密というか軽めの公然猥褻罪みたいな情報をぶっちゃけた
●「レンタル彼氏」なる新サービス業の体験レポートを行なった素子は、当初2時間の予定だったものを、1時間6000円の延長代を繰り返し支払って都合5時間のお楽しみ。レンタル彼氏に自分の財布をあずけ、自分の財布から出てくる金でレンタル彼氏にカバンを買わせ、「買ってもらっちゃったー」と大ハシャギする一幕も。
●TOKIOの山口達也さんの奥さんの顔写真がネットに流出し、それを見た世間が「大林素子系美人!」と表現。するとさらに世間から「大林素子は美人じゃないだろ!」という総ツッコミが入り、完全に無関係のところで素子とばっちり。
●恋人たちが恋だ愛だとオネツを上げるクリスマスイブ、素子は人生初のインフルエンザを発症し、リアルに熱を上げる。その話題はネットニュースで「圧倒的な孤独」と評され、静かな話題に。
●正月からテレビに引っ張りだこの素子は「他人から見て今イマイチな状況でもハッピーに生きている人たち」という失礼なコンセプトの番組に出演。女優になりたいという夢を改めて確認し、最終的にどうなりたいかという質問に対して笑顔で「大河!」と答える。
●事務所の方針か、セクシー独女路線を押してくる素子。ヒザ上20センチの超ミニスカートで「ネプリーグ」に登場すると、大画面に股間ギリギリのチラリズムを見せつけながら奮闘。競演した篠原信一さん(ゲス)からの「米倉涼子さんみたいですね」という褒め殺しを真に受けて、ちょっと上機嫌。

おかしいだろ、と。ビッグアスリート四天王だと言っているのに、世間が静かすぎるだろ、と。第一の壁・澤穂希さん(ワールドカップ優勝/女子バロンドール/国民栄誉賞)がグループを卒業したら、ほかの三人の動向もセットで伝えてくれないと困るじゃないですか。第三の壁・吉田沙保里さん(五輪3連覇/世界大会15連覇/国民栄誉賞)に話を聞いただけで満足するんじゃないぞ、と。

まぁ第二の壁・高橋尚子さん(シドニー五輪金/世界記録/国民栄誉賞)は、お相手がガッチリ決まっている事実婚状態だということで、スルーされたのはわかります。スルーでもいいでしょう。ただ、ラスト・サンクチュアリ素子(身長185センチ)には一言挨拶があってもいいのではないか。

別に嫌がらせインタビューをしろということではなく、行かないなら行かないでもいいのです。いいんですけど、この静けさ、ひょっとして素子の存在自体を忘れていたりはしないでしょうか。アマゾンのおすすめ商品みたいな感じで「澤穂希さん結婚に興味がある方にはコチラもオススメです」に出てくるべき素子のことが、頭に出てこなくなってたりしていないでしょうか。

いやいやいや、勝手に卒業させないでください。ジャニーズJr.に40代のベテランがいるみたいに、素子はまだそこで待ち受けています。誰よりも前向きに、素振りををつづけているのです。ていうか、最近スタイリストが変わったのかと思うほど、落ち着いたいい感じの熟女になってきているのです。現役を退いた選手がシニア記録を作っちゃう感じで、一段上のステージのエース格として、さらにジャンボな存在感を漂わせてきているのです。

関連性の高い話題が出たら、素子動向もセットでフォローする。各メディアには、この辺りを徹底していただきたい。「何らかのとても大きいもの」「女子アスリートが結婚」「バレーボールの大会」、最低でもこの3つについては素子を思い出すよう、改めて世間にはしっかりと意識してもらいたいものですね。

ということで、僕がやらねば誰もやらないのか?という危機感をリアルに感じつつ、素子の最近のアクティビティをチェックしていきましょう。

◆素子はバレーボールの大会とか舞台とか仕事で充実してるんだよ!

8月11日、素子は広島の尾道で旅番組のロケをしていたそうです。午前6時には起き出し、「ロケ三日目最終日!も頑張る」と仕事への意欲をツイッターで表明していました。素子がロケをしている頃、アレは起きていました。そうです、澤穂希さんの結婚発表です。

INAC神戸がツイッターで澤穂希さんの入籍を発表したのは8月11日の16時2分。僕はその報せをキャッチすると、すぐさま素子の様子を見に行きました。台風の日に田んぼに行くくらいの強い気持ちで。そこに広がっていた素子の最新のアクティビティ。それは、とある自分関連記事のリツイートだったのですが…

↓僕を出迎えた素子のアクティビティは「大林解雇 Vリーグ参加絶望」という昔の辛い思い出を語る記事だった…!

重いよ…。

よりにもよって重いよ…。

素子史上でも歴代トップクラスに重い記事だよ…。

「私の失敗」というテーマでの連載記事。その第1回がアップされたので告知した。ただそれだけのことかもしれません。しかし、素子アクティビティは追い打ちをかけるように、矢継ぎ早に重いお知らせをしてきます。誰だ、こんな時期にこんな重たい連載を提案しやがったのは。「素子流カンタン手間いらずご飯」とか、ほんわかしたヤツじゃダメだったのか。アレが起きたあと、約24時間を経て次に素子がブッ込んできたアクティビティは…

↓第1回があるなら、第2回もあるわな!「化けもの扱い、自殺しようとまで思い詰めた」という重すぎる連載記事第2回アップのお知らせ!

24時間待たせておいて「自殺しようとまで思い詰めた」は重いよ…。

コッチも「大丈夫か!?」ってスタンスできてるんだから…。

ドキッとさせんなや…。

↓さらにその5時間後、ようやくリツイートではない本人自身のアクティビティを見せるも、そこに映し出されたのは荒れた海!

「解雇」「自殺まで考えた」「終わり♪(※荒れた海の写真)」という三部作!

何だこの不吉感満点のアクティビティは!

人騒がせにもほどがある!

どうでもいいけど、何だこのどうでもいい写真!

何でこんなん撮った!

出口のない海

価格:659円
(2015/8/14 13:19時点)
感想(0件)



アレが起きる前の日、素子はフジテレビ系の「ネプリーグ」に出演していました。素子本人はワールドカップバレーの宣伝のために、フジテレビ側はおもに映画「進撃の巨人」の宣伝のために。そうです、素子は篠原信一さん・川合俊一さんらとともにリアル巨人チームとして、進撃の巨人チームに倒される役回りでの登場だったのです。ついにきたか、公式巨人認定。

何故もっと早く、このオファーができなかったのか。酷評レビューがインターネット上で散見される映画「進撃の巨人」ですが、その中には「巨人が普通の体型」「巨人の種類が少ない」などと巨人リアリティのなさを指摘するものがありました。もしそこに特撮ナシで素子が投入されていたら、「女型の巨人が飛んだぞ!」「バ、バカな!」「トンデモない跳躍力だ」などと兵士たちが慄く姿もグッとさまになったことでしょう。

↓本人も女型の巨人を意識し、劇場版後編での緊急オファーを待っている!

そもそも論として、アレは進撃の「巨人」だろ!

ということは、巨人が主役なんじゃないのか!?

「大林素子主演作品」として、大林宣彦監督が撮ったら、ヒットするんじゃないのか!?

進撃の巨人 女型の巨人 ポリレジンフィギュア 90cm級[A-TOYS]【同梱不可】【送料無料】《10月予約》

価格:42,990円
(2015/8/14 13:19時点)
感想(0件)



仕事、仕事、仕事。仕事がやたら充実。しかし、そんな素子にも浮いた噂がまったくゼロなわけではありません。今年の6月、素子は六本木でカブキロックスの氏神一番さんと高級寿司店で会食しているところを激写されたのです。写真週刊誌がよほどヒマだったのか。あるいは、食事だけでなく東横インにインの場面なども抑えられちゃったので、もったいないから記事にしようということだったのか。

「素子が飲み会」というと、お笑い芸人などと夜な夜な飲みを繰り返していることが周知の事実であるだけに、今さらという感じもします。「毎日誰かと飲んでるのでは?」という率直な疑問もなくはありません。しかし、写真週刊誌が言うのだから、きっとデートっぽいものだったのでしょう。仲良く「O・EDO」を唄ったりもしたのかもしれません。クソみたいなデートですが、それは本人たちの気持ち次第です。

氏神様は報道の直後、「熱愛報道に関して!」と題したブログを更新。「昨日放送されたワイドショーや、写真週刊誌、ネット等で報道された熱愛記事に関して心配をかけたファンの方、御迷惑をお掛けした関係者の皆様には深くお詫び致します。彼女とは本当に『何でも言い合える仲の良い飲み友!』なので、これからも温かく見守ってほっといて下さい(^_^)v」と説明しました。

「温かく見守ってくれ」という言葉。芸能界的には「認めるわけにはいかないのだが、前向きにコトを進めているので、正式な発表があるまで報道を自粛してほしい」という意味ですよね。僕はココに一縷の希望を感じ、「氏神でもいいか…」「でも氏神か…」「いやぁ、うーん、あー、氏神か…」とコトの成り行きを見守ってきたのです。

そして迎えた8月13日。素子が全日本バレーの取材に駆け回っていた頃、熱愛報道に新たな動きがあったのです。同日、都内で行なわれた映画の特別試写会に参加した氏神様を、真実を伝える新聞・東京スポーツが直撃。氏神様に「素子との熱愛はその後順調か?」と問いただしてみたのです。おそらく、東スポだけは一連の流れを意識していたのでしょう。アレを受けて、素子の恋愛事情を報じる使命感を感じていたに違いありません。そして、氏神様が語ります。素子との恋の行方を…!

↓オォォイ氏神!この流れで改めてガッツリと否定するってどういうことだ!
氏神は本紙の直撃に「デカい女が好みなのは確かだし、彼女はイイ女。だけど、飲み友達だからね。それにしても、ただ飲んでただけなのに、なんで写真を撮られたのかな。六本木のど真ん中だから、たまたまかな」と、大林をタイプであるとしながらも交際は否定した。



「人生は何が起きるかわからないけどね」とか何とか、否定でも肯定でもないリップサービスはないのか!

アレ⇒荒れた海⇒仕事に邁進⇒熱愛再否定という、トドメを刺しにきたみたいなコンボ攻撃!

何か氏神に否定されるって、心にキツイな!

[ステッカー]チラシ投函お断り

価格:397円
(2015/8/14 13:20時点)
感想(30件)



こうして激動の3日間は過ぎました。素子アクティビティに一切の希望はありません。そこにあるのは仕事・使命・責任感のみ。改めて考えると、むしろ素子は男性よりも女性にモテるタイプなのかもしれません。澤さんも「彼の責任感に惹かれた」と語っていました。素子も責任感という意味では超一流です。慕うよりも、慕われる。頼るよりも、頼られる。そういうタイプです。だからダメ男みたいなのを引っ掛けてしまうのですが。

ということは、相手方が辛い状況のときに出会ったなら、素子の大きさに心惹かれることにつながるのではないでしょうか。六本木とかでのデートではなく、むしろ病院とかをウロウロしながら、入院患者の介助などをしていくほうがチャンスがあるかもしれません。「怪我をしていた時期にずっと支えてくれた」というのは定番の結婚決断理由でしょう。いざ病院へ。勇者が攻めにこないなら、コッチから進撃だ。病院にこそ希望があると信じて…!

↓ナースコスプレも意外とイケる!頼りがいもありそうだぞ!

好みの男性を襲撃

入院先をウロウロ

身の周りのお世話をしてハートキャッチ

うん、この流れなら大勝利もあるかもしれんな!

チャンスは病院にアリ!

素子のお知り合いの皆さん、ご病気の予定は素子にお知らせください!