フランクフルト移籍のなでしこ大儀見「前に進み続けるための決断」

写真拡大

 ヴォルフスブルクから1.FFCフランクフルトに移籍したなでしこジャパンFW大儀見優季が13日、自身のツイッター(@Yuki_Ogimi)で心境をつづっている。

 大儀見は、「突然ではありますが、フランクフルトに移籍しました」と移籍を報告すると、「自分にとっての最善は何かを短い時間で考え、この決断に至りました。多くの理解と協力がありこの移籍が実現しました。改めて大切な人達に支えられ生かされていることを実感。チームのために全力を尽くし、前進し続けていきたいと思います!」と、短時間で決断したことを明かし、新天地でのプレーに向けて意気込んだ。

 また、所属会社のサイトを通じて、「自分なりに試行錯誤し、この決断をするに至りました。私にとってはさらに前に進み続けるための決断であり、私を必要としてくれたフランクフルトで、チームのために自分ができることを全力で尽くしていきたいと思っています。新天地で喜びと楽しさを感じながら挑み続けて行きたいと思いますので今後とも変わらぬご声援よろしくお願い致します」とコメントしている。