クロスプラットフォーム、オンラインプレイに対応

写真拡大

カプコンは、PlayStation 4/PlayStation 3/Windowsパソコン向けアクションゲーム「ドラゴンズドグマ オンライン」の正式サービスを2015年8月31日に始める。基本プレイ料金は無料、アイテム課金制。

先行アクセス権やアイテムなどが同梱「リミテッドエディション」正式サービス開始に先立ち発売

来襲したドラゴンは主人公の体から心臓を奪い去るが、ドラゴンを倒す運命を課された「覚者」として蘇る。長き冒険の末、世界の真理にたどり着く―。

自由に行動できるオープンワールドを舞台に、爽快アクションが特徴のシリーズ。今作ではNPC(プレイヤーが操作しないキャラクター)「ポーン」との冒険に加え、オンライン多人数プレイに対応。各々の役割やスキル(特技)を持つ最大4人のプレイヤーとチャットでコミュニケーションを取りながら、巨大かつ強大なモンスターを相手に共闘するなどの新たな冒険を楽しめる。

正式サービス開始に先立ち、各ハードウェア用パッケージ「リミテッドエディション」を8月27日に発売する。アートブック、オリジナルサウンドトラックCD、1万円相当のオプションサービスや特別装備10種、発売日から先行アクセスできる「アーリーアクセス権」などが同梱される。価格はいずれも7800円(税別)。