スティーヴ・ライヒでリズム音痴を治すアプリ(動画あり)

写真拡大

iOSアプリ「Steve Reich’s Clapping Music」は、リズムと音に合わせて画面をタップするゲームだ。世界的に有名な現代作曲家スティーヴ・ライヒが作曲した、拍手で演奏する楽曲がベースになっている。

リズム音痴に朗報だ。iOSアプリ「Steve Reich’s Clapping Music」で、リズム音痴を治せるかもしれない。

「スティーヴ・ライヒでリズム音痴を治すアプリ(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国のTouchpress社がリリースしたこのアプリは、ゲームをしながら複雑なリズムを学ぶことができる。ドラムに似た13種類の音のパターンが再生され、プレイヤーが画面をタップしながらその音を再現するというルールだ。

最初の1パートを正しく演奏すると、自動的にレヴェルが上がっていく。全レヴェルをクリアできれば勝ちだが、難易度の高いゲームなのでそういうことはまずないだろう。

アプリで使われている「Clapping Music」(手拍子の音楽)はもともと、世界的に有名な米国の現代作曲家スティーヴ・ライシュが1972年に作曲した、拍手で演奏する楽曲だ。この曲を演奏する際は、まずはひとりが手拍子で基本のリズムを刻む。次にふたり目の演奏者がリズムを少しずらして加わり、次第にひとり目のビートに合わせていく。リズムを乱さずにそうするのは信じられないほど難しいが、意図した通りに演奏されると、手拍子がうっとりするようなシンフォニーとなる。

Touchpress社がこのアプリを作成したきっかけは、ロンドンを拠点に活動する室内オーケストラ楽団「ロンドン・シンフォニエッタ」が、「ライヒの楽曲をモバイルチュートリアルにする」というアイデアを同社に持ち込んだことである。

Touchpress社のプロデューサー、アラン・マーティンによると、彼らはすぐにそのアイデアを気に入ったそうだ。しかし開発チームは、失敗し続けたプレイヤーに極度の挫折感を与えないような、楽しめるゲームにする必要があった。絶え間なく注意深いタップを続けるゲームなので、一歩間違えば退屈なゲームになりかねないのだ。

Steve Reich’s Clapping Musicのインターフェースは、レトロなアーケード用ゲームをモデルにしている。メイン画面は不気味なくらい「パックマン」に似ていて、黒色の画面にパステルカラーの丸が横方向に何列も並んでいる。丸はそれぞれ白抜きで、中が塗りつぶされた丸になれば、それが画面をタップする合図だ。「テトリス」と同様に、丸が並んだ列が画面上を下方向に移動していく。

マーティンによると、このアプリの人気は高く、プレイヤーたちのログイン時間はすでに約8,000時間に達したという。ここで集まったデータはすべて、将来的にはロンドン大学クイーン・メアリー校の神経科学者に提供され、人の脳がリズムを学習して適応する仕組みを研究するのに利用されるという。

トレーニングによってリズム感をよくすることは可能だ、と研究者が発見することを祈ろう。

TAG

GameMusicRhythmVideoWIRED US