株主優待名人の桐谷さんが 株主優待食事券選びの7大ワザを 具体的な銘柄とともに完全披露!

写真拡大

同じ額面でも、利用条件や店舗が位置するエリアなどによって、オトク度が変わるのが外食株の株主優待食事券。自身の長年の体験をもとに確立した選び方や驚異の活用法について、株主優待名人こと桐谷広人さんがすべてを語った。

株主優待でもらえる食事券は
利用条件次第で「使える度」が変わる!

 割引となる食事券を最大限、オトクに活用するには、まずは銘柄の選び方から心して臨みたい。そこで普段の食事はもちろん、女性とのデートさえもすべて食事券でまかなうケチ……、いや“外食株主優待の鬼”である桐谷広人さんが挙げてくれたコツとは…。注意すべきポイントは7つだ。

【チェック1】額面の刻みが小さいか?

◎釜揚げうどんが40円で食べられる!

 食事券を最大限利用するなら、額面は小さいほうが使いやすいです。100円券と1000円券では、額面が大きいほうがありがたみがある気がしますが、むしろ逆。理由はお釣りが出ないこと。例えば三光マーケティングフーズ(2762)の場合、1000円の食事券を「黄金の蔵」や「東方見聞録」などの居酒屋チェーンで使うのならまだいいですが、単価が安い「楽釜製麺所」だと使い勝手が悪すぎです。よく使う店の平均単価とのバランスを見ることが大切です。コロワイド(7616)は1年に4万円分の食事株主優待ポイントがもらえ、1ポイント(円)ずつムダなく使える上に優待利回りも高いのでお気入りです。トリドール(3397)も100円券なのでオススメ。釜揚げうどんが半額になる「丸亀製麺の日」の日に使えば、なんと40円でうどんが食べられます。

株主優待銘柄/株主優待内容 詳細情報
1 【会社名(コード)】コロワイド(7616)
【株主優待内容】 500株以上:1万ポイント(×年4回)
コロワイド(7616)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2 【会社名(コード)】トリドール(3397)
【株主優待内容】 100株以上:100円券×20枚(×年2回)など
トリドール(3397)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
3 【会社名(コード)】吉野家HD(9861)
【株主優待内容】 100株以上:300円券×10枚(×年2回)など
吉野家HD(9861)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

【チェック2】商品との交換を選べるか?

◎使い切れない時は贈り物にも良し!

 商品に交換できるメリットは、贈り物にも使えること。ワイズテーブル(2798)は農林水産大臣賞受賞の高級黒毛和牛などと交換が可能。ジェイグループHD(3063)はうなぎを食べたい時に「うな匠」「芋蔵」を利用していますが、もつ鍋セットなどとの交換も選べます。両社は飲食業のほかブライダル事業も展開しています。こちらもお世話になりたいものです……。

株主優待銘柄/株主優待内容 詳細情報
1 【会社名(コード)】ワイズテーブル(2798)
【株主優待内容】 100株以上:1000円券×5枚(×年2回)など 
※100円券5枚と沖縄県産黒毛和牛もとぶ牛などと交換可
ワイズテーブル(2798)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2 【会社名(コード)】ジェイグループHD(3063)
【株主優待内容】 100株以上:1000円券×2枚など 
※1000円券4枚と牛もつ鍋セットなどと交換可
ジェイグループHD(3063)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

【チェック3】使用条件が厳しくないか?

◎店舗によって条件が異なることも!

 曜日、時間帯、枚数などの利用制限によっては、使い勝手が大きく変わります。オススメは条件フリーで使える大戸屋HD(2705)、ロイヤルHD(8179)など。近年、制限を撤廃する企業も増えています。曜日についてよくあるのが、金・土、祝日前日は使えないケース。従来、休前日には使えなかったワタミ(7522)は、今年から曜日利用制限を撤廃しました。時間帯についてはディナー時のみの使用限定でランチでは使えない店も。同じチェーンでも、店舗によって条件が異なるケースもあります。最後に枚数については、曜日制限はなくなったワタミでも枚数制限はそのままで1回1人2枚(1000円分)のみ。こちらも撤廃を望みたいもの。そのほか同じ会社の傘下でも、単価の安い店では使えないなどの利用制限もあります。

株主優待銘柄/株主優待内容 詳細情報
1 【会社名(コード)】大戸屋HD(2705)
【株主優待内容】 100株以上:500円券×5枚または精米2圓覆
大戸屋HD(2705)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2 【会社名(コード)】ロイヤルHD(8179)
【株主優待内容】 100株以上:500円券×1枚(×年2回)など
ロイヤルHD(8179)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

【チェック4】有効期限が短くないか?

◎実質有効期限ナシで海外旅行ゲットも!

 年2回株主優待を出す会社は期限が半年というのが多いので注意。逆に年2回で1年間有効であれば、2回分の優待をまとめて使い大人数でオトクに食事をすることも。注目はダイヤモンドダイニング(3073)のDDマイル。1マイル=1円で使えるタイプだが、有効期限が最終利用日から1年というのが画期的。上手く使えば永久的に貯められます。コツコツため続ければ、なんとハワイ旅行(25万マイル)などの豪華賞品との交換も可能なんです。

株主優待銘柄/株主優待内容 詳細情報
1 【会社名(コード)】ダイヤモンドダイニング(3073)
【株主優待内容】 100株以上:4000DDマイルまたは食事券(1000円×4枚)など 
※有効期限はDDマイルの最終利用から1年
ダイヤモンドダイニング(3073)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

【チェック5】使える店が近くにあるか?

◎名古屋っ子は「牛角」より「あみやき亭」!

 自分の行動範囲内に店があるかも確認しましょう。ジョイフル(9942)は390円でハンバーグプレートが食べられるなど、モーニングがオトクでお気に入りですが、とくに店舗が多い西日本エリアの人にオススメ。焼き肉チェーンなら、中部エリアの人は牛角(アスラポートダイニング:3069)より、愛知発祥のあみやき亭(2753)を選ぶのが賢明です。

株主優待銘柄/株主優待内容 詳細情報
1 【会社名(コード)】ジョイフル(9942)
【株主優待内容】 1000株以上:500円券×20枚(×年2回)など
ジョイフル(9942)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2 【会社名(コード)】あみやき亭(2753)
【株主優待内容】 100株以上:1000円券×3枚など
あみやき亭(2753)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

【チェック6】消費税が込みか?

◎消費税増税も控える今こそチェックは必須!

 食事券の額面で支払えると思ったのに、いざ会計で消費税が上乗せされるとガッカリしますよね。チマチマした話のようですが、10%増税も間近に迫る今、消費税の扱いも確認を。食事券の額面が税込になっていればわかりやすいのですが、税抜の価格から株主優優待券の額面を引くシステムの会社も多い。IR(投資家向け広報)に確認すれば教えてくれます。

株主優待銘柄/株主優待内容 詳細情報
1 【会社名(コード)】リンガーハット(8200)
【株主優待内容】 100株以上:540円券×2枚(×年2回)など
リンガーハット(8200)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2 【会社名(コード)】マルシェ(7524)
【株主優待内容】 100株以上:1000円券×3枚(×年2回)など
マルシェ(7524)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

【チェック7】相互利用ができるか?

◎買いやすさならコロワイドよりアトム!

 どうせなら利用できるお店が多いほうがいいですよね。コロワイド(7616)とアトム(7412)は両方の店で使え、アトムのほうが100株から株主優待がもらえて買いやすいです。グルメ杵屋(9850)は単独でもうどん、そば、和食、洋食、エスニックと幅広くカバーしてますが、併せてJBイレブン(3066)のラーメン店、元気寿司(9828)チェーンと飽きることなく使えます。

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ9月号には、桐谷さんが監修の保存版の別冊付録「株主優待目的別ベストチョイス100」がついている。外食の他、「食卓を豊かに!」「お小遣いアップ!」などの目的に応じたベストな株主優待株を優待写真付きで完全掲載。さらに、外食の優待券についても、ランチで使い勝手がいい、豪華なお店で利用できるなどのオススメ優待株も厳選して紹介している。また、9月号では桐谷さんはデイトレにも挑戦。自腹の50万円は増えたのか、減ったのか…。高配当株の大特集や株主総会のおみやげ図鑑までついたダイヤモンド・ザイ9月号をぜひ読んでみてほしい。