夜の水族館に不思議なアート空間が登場!新江ノ島水族館×チームラボのコラボ企画

写真拡大 (全4枚)

水槽に咲いた花が魚の動きによって散ったり、人が水槽に近づくと色が変化したり…。夜の水族館に不思議なアート空間が出現する、期間限定のナイトプログラムがあるって、知ってた?

2015年7月18日(土)から12月25日(金)までの期間、“えのすい”こと新江ノ島水族館では「えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015」を開催。今、世界で最も注目されているデジタル系のアート集団「チームラボ」と、「夜の水族館」によって生み出されるコラボ空間では、幻想的な美しさを楽しめそう。

館内でいちばん大きな「相模湾大水槽」は、プロジェクション映像によって水槽が花々の咲き誇るアート空間に。この花は、魚が近くを横切るといっせいに散っていくなど、魚の動きに影響されて変化するので、同じ映像は2度と見ることができないとか。

通路には光の球体が並び、人がぶつかったりして衝撃を受けると光の色が変わり、その変化にともなって色に合わせた音色が響き渡るそう。水槽のガラス面に近づいたに時も光の色や音色が変わるので、呼応する様子は、まるで生き物のよう。

また、自由に描いた魚の絵をスキャナーで読み込ませて、泳がせることができる「お絵かき水族館」も登場。エサ袋に手をかざせば、自分の描いた魚にエサをあげられるのが楽しい。


Facebookと連動できるデジタル表示板「チームラボカメラ」は、前に立ってスタートボタンに触れると撮影が始まるというもの。撮影された画像は自動で加工されてFacebookの特設ページにアップロードされるので、ダウンロードやシェアも自由。来場の記念に、ひと味違う思い出づくりができるかも。


17時からの特別メニューとして、オーシャンバーでは光るカクテル「湘南サンセットブルー」(700円)や「オー シャンブルー(ノンアルコール)」(600円)も味わえるとか。

「本物の氷に加えて、電池で発光するアイスキューブ型の器具が1個入っています。もちろん、お持ち帰りいただけますよ。約24時間使用可能(スイッチ付き)です」と、広報担当者さん。

このほか、イルカミニパフォーマンス「今夜はイルカNIGHT」は、8月31日(土)までの限定開催なので、こちらも要チェック。

屋外のオーシャンバーやイルカショーなど、夕暮れから夜景まで、相模湾や江ノ島の絶景が楽しめるのは“えのすい”ならでは。水族館デートで不思議空間を堪能したら、夢見るような時間を過ごせそう。

トップ画像:花と魚 花と魚 - 相模湾大水槽 相模湾大水槽 相模湾大水槽 / Flowers and Fish- Enoshima Aquarium Big Sagami Bay Tank
画像 上:呼応する球体と夜の魚たち / Resonating Spheres and Night Fish
画像 中:チームラボカメラ/ teamLabCamara
画像 下:光るカクテル /オー シャンバー