フェイスブック(FB)の現在の株価は 割高なのか、はたまた適正なのか? 第2四半期決算を徹底解剖し判断してみた!

写真拡大

<今回のまとめ>
1.第2四半期決算はEPS、売上高ともに予想を上回った
2.売上高成長率は5期連続で鈍化した
3.売上高成長率は今後も鈍化する
4.費用をどう抑えるかが重要になる
5.今回の決算では費用のコントロールに進歩が見られた
6.北米の広告単価は上昇しているが他地域との格差は大きい
7.動画広告、インスタグラム、WhatsAppが今後の成長余地
8.EPS成長予想に照らして、現在の株価はフェアバリュー

フェイスブックの第2四半期決算が発表された

 先週フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)が第2四半期の決算を発表しました。そこで今回はこの決算の内容を詳しく吟味することにします。

EPS、売上高ともにコンセンサス予想を上回った

 フェイスブックの第2四半期決算は、EPS(一株当たり利益)、売上高ともにコンセンサス予想を上回りました。まずEPSは予想47¢に対し50¢でした。これは予想を+6.4%上回りました。

 次に売上高は予想39.9億ドルに対し40.4億ドルでした。売上高成長率は去年の同期に比べて+38.9%でした。この売上高成長率は過去5期連続で鈍化しています。

 なお前回の第1四半期決算ではフェイスブックは売上高が市場予想に届きませんでした。その意味では今回の決算の方がスッキリする内容でした。

「広告収入成長率の鈍化」と「コスト圧縮の努力」

 フェイスブックはガイダンスを出さない会社として知られています。ガイダンスとは「会社側の来期以降の予想」を指します。カンファレンス・コールの中で同社のデイブ・ウェーナーCFOが語ったところによると「広告収入成長率は前年比ベースで、第3四半期も、第4四半期も引き続き鈍化する」ということです。これは上に述べたようにいままでのトレンドを踏襲したものですのでサプライズではありません。

 また同社は費用成長率のガイダンスをこれまでの+50〜60%から+50〜55%と少し幅を狭くしました。

 ここで重要な点は上で述べた売上高成長率に比べて費用成長率の方が高ければ、利益の伸びはその分、低くなってしまうという点です。

 その点、今回のフェイスブックの決算では、コストを何とか圧縮しようとする努力が、ある程度の効果を生み始めている片鱗が見られます。

 売上高に占める研究開発費(R&D)、ならびに営業・マーケティング費用の比率は、いずれも第1四半期に比べて少し下がりました。

 これを受けてこれまでつるべ落としに下がっていた営業マージンはようやく上向きました。

 この第2四半期決算が発表された翌日、17社の証券会社がフェイスブックの目標株価を引き上げたのは、このコスト圧縮の努力を評価したのだと思われます。証券会社のフェイスブックに対する目標株価は$110〜$146の範囲に収まっています。

毎日の利用者は全世界で9.7億人にのぼる

 30億人いる世界のインターネット・ユーザーのうち、半数近くが少なくともひと月に一回以上フェイスブックを利用しています。

 フェイスブックを毎日利用しているユーザーは9.7億人です。

 その大部分がスマートフォンからフェイスブックにアクセスしています。

広告市場としての世界各地域の価値には「格差」がある

 これらの世界のユーザーが、企業の立場から、皆、同じ価値を持っているか? といえば、そうではありません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)