同門の活躍に刺激もマイペースを貫く構えの木戸愛 相性の良いコースで復調のきっかけを掴みたい(撮影:ALBA)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇13日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,583ヤード・パー72)>
 先週、西山ゆかりが「meijiカップ」でツアー初優勝を飾った。その西山と同じく芹澤信雄に師事している木戸愛は、同門の活躍が刺激になっているという。
国内女子ツアーの様子を写真でチェック
 「芹澤さんの元で一緒に合宿したり、お互い頑張ろうと言い合ってきた仲なので、西山さんの優勝はとても嬉しいですし刺激になります」。
 一方、木戸自身は後半戦4試合で予選落ちが3回と状態が良いとは言えない。だが焦りはないようだ。「調子はあまり良くないですが、課題は分かっています。それを継続して、あとは結果につながるのを待つだけだと思ってプレーしています」と今やるべきことは分かっている。
 「西山さんに続いて私も頑張りたいですが、焦らず自分のペースで頑張っていきたい」と木戸。昨年ベストスコアタイの“64”を出した舞台で、復調のきっかけを掴みたいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
西山ゆかり、“師匠の教え”を忘れず2週連続Vを目指す
イ・ボミ、26歳ラストマッチを連覇で飾れるか?
ホステスプロの原江里菜「いつもよりは少しだけ気が楽」
【WITB】西山ゆかり、「勝利へのアドバンテージ」となったクラブとは?
【全米プロゴルフ選手権】特設ページ公開中!