安藤美姫

写真拡大

13日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)で安藤美姫が、ゲーム対決でミスを連発したが、反省する素振りをみせることなく、マイペースな振る舞いを披露した。

番組では、チーム嵐のプラスワンゲストに安藤が参戦し、土田晃之の率いる埼玉県出身・在住のタレントが集まった「チーム埼玉」と対戦した。

スタジオには、安藤がTシャツの袖を切ったタンクトップにショートパンツという出で立ちで現れ「肌の露出が多い」「切り過ぎ」と登場するなり、いきなり共演者から激しいツッコミを食らっていた。

そして初戦のゲーム対決「ストーンバスター」の1回戦目で、安藤はポイント獲得を果たせず、嵐チームが敗北すると、安藤は「もう1回戦あるんですか?」と訊ね、2回戦目には出場できないと分かるや否や「じゃあ、次は勝てます」と勝利宣言をし、土田から「負けず嫌い」だとツッコミを入れられてしまう。

次の「バンクボーリング」では、以前出演した際に、ボールが接触してうまく倒すことができなかった苦い経験から、今回はリベンジを果たすことになったが、なんと、今回も一緒に投球した相葉雅紀のボールと盛大に接触してしまう。結果、相葉のボールはピンを1本だけ、安藤のボールもピンを10本倒すだけという酷い結果になってしまった。

これには、相葉も頭を抱えたが安藤はまったく悔しがる様子もなく「もう1投ありますから」と言ってのけ、櫻井翔は「さっきと同じパターンじゃん!もう1回あるとかもう1投とか!」とヤジを入れ笑いを誘った。

ここで土田が「でもプラスに考えれば、2投目狙いやすいってことでしょ?」とフォローすると、安藤は「そうなんですよ!」と胸を張った。まるで反省の色を見せない安藤に、スタジオでは大きな笑いが起きた。

そしてその2投目では、大野智からの「史上初のスペアを見たい」という希望で、3人で投げることに。ここで、3人目を誰にするかという話になったが、大野は「いや、オレ、ミキティはいいかな」と失敗続きな安藤に、遠まわしなダメ出しをして笑いを誘った。

結局、安藤も参加して大野と二宮和也の3人で投球したが、ここでまたしても安藤のボールは大野にボールに接触してしまった。ピンはそこそこ倒れたものの、接触したのは自分が原因ではないとして早々に引き上げ、ひとり取り残された大野がなぜか謝罪するという展開で笑いを誘っていた。

その後、すべてのゲームが終了すると、チーム嵐はチーム埼玉に惨敗するという結果に。そして、番組後半から、サプライズゲストとして登場したサッカーブラジル代表のネイマール選手を囲んでのエンディングでは、興奮冷めやらぬスタジオで安藤が「興奮、初めてしました!」語った。

その直後、安藤は、なぜかネイマールとハグをしてスタジオに絶叫が巻き起こったが、安藤は満面の笑みを浮かべていた。

【関連記事】
安藤美姫の自由すぎる言動に中田敦彦も苦笑「言葉使い大丈夫?」
安藤美姫が「めちゃイケ」抜き打ちテストで珍回答を連発 「八百長」を「やばちょう」と読む
安藤美姫の私服センスを植松晃士氏がダメ出し「言い訳はいいから」