U-16日本代表は11日、Balcom BMW CUP 平和祈念 広島国際ユースサッカー2015第2戦でU-17ウズベキスタン代表と対戦。後半8分の失点を取り返すことができず、0-1で敗れた。これで日本は1勝1敗となった。

 JFAによると、木村浩吉監督は「前半立ち上がりから、良いプレーをみせていましたが、何度も決定機を逃し、逆に後半開始に先制点を奪われてしまいました。しかし失点後も押し気味で試合を進め、試合前に伝えたように、勝ちにこだわったプレーを選手たちはみせてくれたと思います。球際でも強さを発揮し、最後まで諦めなかったのは、良い経験になると思います」と語っている。

出場メンバーは以下の通り

GK:若原智哉

DF:藤松航矢、青山夕祐、宮本駿晃、菅颯馬(56分→渡井理己)、石原広教

MF:田中康介(75分→小林真鷹)、井澤春輝(77分→伊従啓太郎)、酒井将輝(HT→藤原志龍)、齊藤未月

FW:鈴木魁人(69分→高木慎也)

サブメンバー

GK:大迫敬介

MF:杉浦文哉