U-16日本代表は12日、Balcom BMW CUP 平和祈念 広島国際ユースサッカー2015最終戦でU-17ポーランド代表と対戦し、0-2で敗れた。U-16日本代表は1勝2敗の3位。大会は3戦全勝のU-17ウズベキスタン代表が制した。

 JFAによると、木村浩吉監督は「今日の試合では、球際の強さや、気持ちの面で相手のほうが上回っていたと思います。日本の選手たちは、もっと日々のトレーニングからプレッシャーのかかる状況でもプレー出来る術を学ぶ必要があります」とコメント。また、選手たちの今後へ向けて「今大会で得た事を自分のチームにも持ち帰り、また代表に選ばれるように向上心を持ってプレーし続けて欲しいと思います」と期待した。

出場メンバーは以下のとおり

GK:若原智哉(HT→大迫敬介)

DF:藤松航矢、青山夕祐、伊従啓太郎、菅颯馬(HT→宮本駿晃)、石原広教(HT→渡井理己)

MF:井澤春輝、小林真鷹(HT→田中康介)、齊藤未月

FW:藤原志龍(51分→高木慎也)、鈴木魁人(HT→酒井将輝)

サブメンバー

MF:杉浦文哉