Doctors Me(ドクターズミー)- ファッション感覚でつけている香水。じつは5つの有毒物質がある!?

写真拡大

おしゃれ感覚、あるいは体臭の消臭用にと、香水を活用している人は多いのではないでしょうか。最近では数えきれないほどの種類が販売されていますが、みなさんはその成分を意識したことはありますか?

今回は、そんな香水に含まれる成分が体にどんな影響を及ぼすのか、医師に詳しく教えていただきました。

香水はもともと天然由来の原料でできていた

香水の歴史は古く、昔はすべて天然由来の原料で作られていたといいます。それが、1940年代以降、科学薬品による香水が市場に増え始めたのです。

この科学薬品には、次のようなトラブルを引き起こす、有害な物質も含まれているとのこと。

香水に使われる5つの有害物質

1:ベンズアルデヒド
・中枢神経障害
・目のかゆみ
・喉の痛み
・消化器系障害 など

2:アセトン
・中枢神経を抑制
・めまい
・のどの渇き
・吐き気
・意識をもうろうとさせる
・重篤な場合、意識障害を引き起こす など

3:酢酸ベンジル(ベンジルアセテート)
・発がん性
・肺や目の障害 など

4:しょうのう(カンフル)
・中枢神経の障害
・めまい
・吐き気
・けいれん
・目や鼻の痛み
・重篤な場合、意識障害となるケースも など

5:エタノール(エチルアルコール)
・めまい
・吐き気
・筋力の低下 など

香水に使用されている有害物質には、それぞれ特有の害を引き起こす可能性が指摘されています。下記を参考に、どのような症状が出やすいのかをチェックし、購入時には必ず成分表をチェックするようにしたいですね。

(監修:医師 佐藤 留美)