夏バテ予防にはうなぎや鶏肉などがよいとされます。しかしほとんど食欲がないときに、元気になろうとして無理に栄養価の高いものを食べようとしたり、水で何となく体に押し込むようにして食べ物を摂ったりするのはNG。そんな食べかたをすると消化に時間がかかり胃腸に負担を与えるので、ますます食欲減退することもあります。夏の食欲不振のときにどんな食事のとりかたをすればよいか知っておきましょう。

食欲がないときでも食べたほうがいい?

食欲がないときには無理して食べる必要はありません。食べられないのに何か食べようと努力することで、精神的なストレスがたまります。また消化器官も弱っているので、しばらく食べ物を胃腸に入れずに内臓を休ませることも大事です。ただし、水分とミネラルの補給だけは忘れないでください。口にできそうなものでも「ゆっくり、少しずつ、よく噛んで」食べて消化が促されるようにしましょう。

酸味のあるもの・かんきつ類がおススメ

胃に負担がかからない食べ物を選んで食べることも大切です。脂っこいものや味の濃いものは避けましょう。おかゆ、ヨーグルト、うどん、スープなどがおすすめです。また、酸味があるものは唾液の分泌を活発にして食欲を増進します。梅干、酢のもの、レモンをかけた料理などを意識して食べるとよいでしょう。かんきつ類には疲労を回復させるクエン酸が含まれます。グレープフルーツ、レモンは夏のデザートにぜひ取り入れてみてください。スパイスやハーブなども食欲を増進しますが、胃に刺激のある唐辛子やカレー粉などは胃や腸の粘膜を刺激して傷つけることもあるので注意しましょう。

食後はゆっくり座って休もう

胃腸が弱っているときには横になると食べたものが逆流することがあります。食後はすぐに活動せず、温かい飲み物などをとって座ったままゆっくり休みましょう。食べてすぐに活動すると胃が収縮して消化機能が低下します。


writer:松尾真佐代