40歳以上の20人に1人が緑内障! june/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 40歳になるOLのA子さんは5年前、目のかゆみを訴えてかかりつけの眼科に行った。予診で行なった眼圧や視力の検査では異常はなかったが、詳しく診察をしていくうちに、医師は左目の異常に気付いた。

 「緑内障の疑いがあるので眼底検査しましょう」

 追加で眼底検査、視野検査を行なった結果、所見通り初期の正常眼圧タイプの緑内障と判明。

 「自覚症状がないだけに放置してしまう人もいますが、長年放っておくと失明に至ることもあります。しっかり目薬をさしていかないと10年後にはたいへんなことになりますよ」と医師から釘をさされた。

 目のかゆみが気になって診察を受けたら、重大な疾病が見つかったA子さん。以来、定期健診と進行予防の点眼薬はA子さんの生活の一部になっている。

40歳以上の20人に1人!しかも約9割が自覚なし

 日本緑内障学会が行った大規模調査(2000、2001年岐阜県多治見市での緑内障疫学調査・通称・多治見スタディ)によると、40歳以上の人口のうち緑内障の有病率は5%、20人に1人ということがわかった。しかも患者の約9割が緑内障と気づいていない潜在患者であるという。

 緑内障は、目から入る情報を脳に伝達する「視神経」に何らかの障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気。

 目の中には血液の代わりに栄養を運ぶ房水という液体がつねに流れている。この房水の産出量と排出量のバランスが保たれることで眼球の形状は保たれ、ものをしっかり見ることができる。

 しかし、何らかの理由で房水が増えたり、排出がうまくいかなかったりすることで目の中の圧力・眼圧が上がってしまうことがあり、これが緑内障の原因であるといわれている。

両目の同時進行は稀なため異変に気づかない

 初期症状は、目の中心から少し外れた部分に暗点(見えない部分)ができる。人は通常、両目でものを見ているため異常を自覚しないことがほとんどだ。緑内障は両目が同時に進行することはまれといわれる。そのうえ、ゆっくり進行するため、暗点が広がっても片方の健康なほうの目がカバーしてくれるので異常に気付かないことが多い。

 緑内障にはいくつかの種類がある。

\犠鏨祕砧估眈
 眼圧が正常範囲(10~21mmHg)だが、緑内障に。約7割がこのタイプ。視神経が弱い、血流が少ない、免疫の異常などが原因として考えられるが、確実な原因はわかっていない

原発解放隅角緑内障
 房水の出口にある繊維柱帯流出路が目詰まりして眼圧が上がり、病気がゆっくり進行する慢性タイプ

8業閉塞隅角緑内障
 房水の出口・隅角が狭くなったり閉塞したりして眼圧が上昇するタイプ

 治療はいずれも、点眼薬やレーザー治療、そして手術で房水の産出量を抑えたり、流れよく排出させたりして眼圧を下げることが第一だ。

対策は目の検診、緑内障には根気強く眼圧管理

 予防対策はなんといっても目の定期健診だ。40歳になったら目の健診を受けよう。早期発見、早期治療で失明を回避したい。

 一度、障害を受けた視神経は修復できないので、完治させることができないのが緑内障だ。しかし、仮に緑内障が見つかっても医師の指示に従い、生涯付き合う慢性病と腹を決め、眼圧を調整し進行を食い止めれば不都合なく日常生活を送ることができる。

 緑内障をはじめ目の病気が気になる人、忙しい人には公益社団法人「日本眼科医会」のさまざまな最新情報が役立つ。「目の電話相談」もあり、専門医が丁寧にアドバイスしてくれる。
(文=編集部)