森チャック氏の投稿

写真拡大

イラストレーター・キャラクターデザイナーの森チャック氏が10日、自身のTwitterアカウントで佐野研二郎氏の擁護撤回を投稿をした。

熊のキャラクター「グル〜ミ〜」などのデザインを手がける森氏は、佐野氏による東京オリンピックのエンブレムデザイン盗用疑惑について擁護するツイートをしていたようだ。

ところが森氏は、佐野氏が手がけたほかの作品にも盗用の疑惑があるというまとめサイトを引用し「だめだ、擁護してたツイート消した…。プロでこれは恥ずかしい…」とツイートしたのだ。


佐野氏がデザインをしたとされるサントリーのトートバッグに関しても、まとめサイトによる指摘で「これとかほんとダメ、サントリーにまで迷惑がかかる」と訴えた。


森氏は「今朝まとめ系の情報でツイートしたのは軽率だったかもだけど分かりやすく証拠が揃いすぎていたので…」と、まとめサイトの情報に疑念を抱きつつも、自身が佐野氏を擁護したことに対して「オリンピックロゴの件では信じてた分反動が」と憤った。


一方で森氏は、ほかのTwitterユーザーが佐野氏を擁護したデザイナーを皮肉った投稿に対して「まずプロならこんなことは絶対にやらないと思ってたから最初信じたんですよ」と、自身の間違いを認めている。


【関連記事】
陣内智則 東京五輪エンブレムを手がけた佐野研二郎氏に痛烈コメント
武田邦彦氏が東京オリンピックエンブレム盗作疑惑で佐野研二郎氏を痛烈批判
古市憲寿氏がオリビエ・ドビ氏を「弱小の人」と失笑交じりに批判