木村拓哉ファンは『HERO』のどこにハマったの? オフ会レポート【東京編】

写真拡大

この日は7月1日(水)に配布された5都市限定の号外を雨の中、新宿まで取りに走った17歳からSMAPの番組やCMはすべて録画し、オフ会にも貴重な『HERO』グッズを持ってきてくれた筋金入りのファンのお母さんまで幅広い年代の9名が参加。

そこで、まずは『HERO』にどうしてハマったのか? その熱い思いから語ってもらった。

【動画】映画『HERO』予告編を見る

木村拓哉主演のドラマ、ベスト3は?

サッチ「私は家がけっこう厳しくて、テレビをあまり観られなかったので、人生で最初に一生懸命観たのが『HERO』のシーズン1だったんです。小学生のときに塾から帰ってしがみつくように観て、それでハマッてしまいました」

ナオカ「私はそもそもSMAPが好きで、メンバーのドラマは全部観ていたので、それきっかけで。でも、木村くんのドラマの中でいちばん好きです。あの熱い感じや芯が通っているところ…私だったら揺れ動いちゃうけれど、久利生公平は芯が通っているからそこに憧れたし、ストーリーの展開がやっぱり面白いから、それでどんどんハマっていきましたね」

虹「私は高三なんですけど、小学生のときに家に帰るとちょうどシーズン1の再放送をやっていたから、たまにそれを観て何となくワ〜、カッコいいな〜と思っていたんです。

で、中学校に入ってからSMAPが好きになり、ああ、あの『HERO』の木村拓哉だ! って過去の記憶の断片が重なって、こんなに長く愛されているなんてスゴいと思ったんですよね。

それで改めてシーズン1の鑑賞に浸り始めたころにシーズン2がリアルタイムで始まったので、そこから『HERO』にどんどんハマっていきました(笑)」

チビホ「私ももともとSMAPが好きで、特に木村拓哉さんが大好きだったから、最初はそれで観始めて。私の中では、『HERO』は『ビューティフルライフ』(00)、『GOOD LUCK!!』(03)とともに木村さんのドラマのベスト3に入っています」

サオ「私もチビホさんと一緒で、SMAPが好きだし、中でも木村くんがいちばん好きだったから、『HERO』も当然観るようになって。ただ、シーズン1のときは子育て中だったから録画をしておいて、週末に観るのが楽しみでした」

ユカリン「小学生のときに『ビューティフルライフ』を観て面白い、木村拓哉さんカッコいい! となって、翌年放送された『HERO』のシーズン1も必然的に観たらすごく面白かったのでハマりました。そこから私は逆に、SMAPを好きになって、ライブも行くようになったんです」

チロ「私も虹さんと一緒で、小学生のときに再放送をやっていたから、それをひとりでじっくり観て、このドラマ面白いなと思ったんです。

で、その面白いという感触が残っている2007年に最初の映画化の話になり、あの面白かったドラマが映画になるんだ〜! と思ってDVDを買って観返したりするうちにどっぷりハマっていった感じです」

まゆみ「SMAPの追っかけを初期のころからずっとやっていて、『SMAP×SMAP』を第1回から全部録画していて、雑誌も全部買ってファイリングしているぐらい好きなので、『HERO』にも当然ハマりました。

それに木村くんのファンは松たか子さんも大好きで、彼女に対しても絶大な信頼を置いているから、松さんが相手役の雨宮というのもインパクトがあったし、ドラマにも入っていきやすかった。

『HERO』のDVDも最初に出た四角いジャケットのものからDVD-BOXのリニューアルパッケージ版、特別限定版、映画版の全部を持っていて、ブルーレイも持っています。前回の映画版も武道館の完成披露試写会のときに初センターで観て、みんなで“キャー!”って盛り上がりました(笑)」

マホ「私ももともと木村さんがすごく好きで、DVDも全部買いました。

久利生さんだけじゃなくて、周りのみんながいてあの『HERO』の舞台が出来上がっていると思うし、鈴木雅之監督と脚本の福田靖さんのコンビが作り出したあの世界観が好きで、ずっと観ていました」

それぞれの『HERO』愛はビシバシ伝わってきたが、具体的にはどんなところが好きなのだろう?

みんなが好きな『HERO』のドラマエピソードとは?

サッチ「城西支部の人たちの会話や、大事なことはしっかり言ってくれるところが観ていて気持ちいいし、何回も観たくなる魅力があるんですよね。名言は何だろう?

私はやっぱりシーズン1の第10話で、芝山検事(阿部寛)が検事バッチの“秋霜烈日”の意味を語るエピソードが好きですね」

ナオカ「ほかのドラマは木村くんは、どこか俺、カッコいいぜって思っている感じがするんですけど、『HERO』の久利生公平はダメなところもあるし、ヌケているところもある。それでいて決めるところはちゃんと決めるし、熱いところを持っている。

私は個人的にそういう人が好きだから、惹かれます。身近にいたらヤバいですね(笑)」

チビホ「シーズン1、シーズン2を通して、城西支部の人たちのかけ合いが大好きですね。面白いです」

ユカリン「私はコミカルなシーンが大好きで。1話完結型なのもいいし、毎回、ドラマの最後ですっきりできるのがよくて、そこからどんどんハマッていきました。

特にシーズン1の第8話…あの飯島直子さん演じる弁護士の巽江里子とのかけ合いのシーンが最高ですね。あのシーンはシーズン1、シーズン2、映画版を通したすべてのシーンの中でいちばん好きです。もう何回観たか分からないし、好き過ぎてノベライズ本まで買っちゃいました(笑)」

チロ「私はシーズン1の第10話で、マスコミが本当はやっていない人を犯人に仕立て上げて、自殺に追い込んじゃったときに、久利生検事が“これっぽちの保身の気持ちで、ちょっと気を緩めただけで人を簡単に殺せんだよ!”って涙まじりに言うシーンでグッときて。

あのセリフもすごく重いし、それを言っているときの木村さんの表情もすごくリアルだなと思ったので、あのシーンは特に好きですね」

マユミ「木村くんはそれまで恋愛モノをずっとやってきていて、『HERO』で初めて周りのみんながいて成立するシチュエーションドラマに挑戦したと思うんですよね。そういったところは、観る側からしても新鮮で。

シーズン1の第1話の冒頭で、引っ越してきた久利生がテレビショッピングの担当者に電話で“久しい利口な生き方”に“公”に“平”って自分の名前の漢字を説明するシーンや、さっきも話に出た第10話は特に印象に残っています。

シーズン2の久利生がヤクザに向かっていく第9話もよかったですね。ああいうシチュエーションもこれまでなかったですからね」

マホ「シーズン1の第1話で下着泥棒の捜査に出た久利生が雨宮の顔をグニャとして“ゆで玉子みたいだな”と言うシーンがあったと思うんですど、ああいうところでそれまでの『ロングバケーション』(96)などとは違う男女の関係性が出てくるのかな〜と思って、好きになりました」

久利生以外の好きなキャラクター、一番人気は?

だんだんマニアックにヒートアップしてきたので、今度は久利生以外の好きなキャラクターを聞いてみた。

サッチ「雨宮も好きですけど、江上さん(勝村政信)も可愛いですよね(笑)。

久利生と雨宮の関係が観ていてモヤモヤするんですけど、そのきっかけは江上さんのような気がしていて。彼がやいやい言うから、ふたりが恋愛を意識するようになったんじゃないかな? と思うし、やっぱり自分がエースだったいうことをひたすら口に出して言うところとか、可愛いな〜と思います」

ナオカ「私はシーズン2の麻木千佳が好きです。北川景子さんがもともと好きっていうのもあるけれど、気取っているのにヤンキーみたいなところがすごく好きで。自分も若干ヤンキー気質だから、麻木千佳は好きですね(笑)」

虹「私、鍋島さん(児玉清)がめっちゃ好きなんです」

全員「あ〜!(共感)」

虹「だから、シーズン2の最後のテロップにスペシャル・サンクスで鍋島さんの名前が出たときはウワ〜ってなりました。普通は触れないじゃないですか?

木村拓哉さんや北川景子が演じてはいるんだけど、久利生公平や麻木千佳の気持ちを借りて、さりげなくその教えを思い出させてくれる。

シーズン2が始まったからといって鍋島さんのことを忘れない。そういうところがめっちゃカッコいいし、どこまでも『HERO』の世界を貫いているのがすごいなって思います」

チビホ「私は、木村さん以外では末次さん(小日向文世)ですね。いじられる人を見るのが好きなので、そういった意味で断然末次さん(笑)。遠藤さん(八嶋智人)も好きです」

サオ「私はマスター(田中要次)が好きです。自分も通販番組を観るのが好きっていうのもあるけれど、背中にすごく哀愁が漂っていて(笑)。

『あるよ!』と言う前の顔や、言うまでの間も好きですね。1作目の映画の最後で『あるよ!』と言ってアレをさりげなく出してくるところとかもたまらなかったです(笑)」

ユカリン「遠藤さんがすごく好きです。賢司という名前なのに検事じゃないことのコンプレックスや、末次さんとのかけ合いも大好きで。検事のドラマだからシリアスなシーンもたくさんあるけれど、ああいうクスッと笑えるシーンが多いのも私の中ではポイントが高くて、大好きなんです」

チロ「私は普通に雨宮さんが大好きです。

演じられている松たか子さんも好きですけど、最初は中卒の久利生さんのことをバカにしていた彼女が、彼の検事としてのスゴさを素直に認めて、関係性がいい方向にどんどん変わっていくのがいいなと思って。

その変化がいちばん顕著に表れているキャラクターのような気がするから、そういった意味でもすごく好きですね」

マユミ「私は大塚巡査(おかやまはじめ)ですね。

彼が出てくるだけで『HERO』っぽくなるし、シーズン2の鯛焼きを持っていくときの自転車はたぶんおかやまさん本人のものじゃないかなと思っていて。

でも、シーズン1の第9話で、襲われた雨宮を初めて自分のマンションに泊めた久利生の言いつけを守り、彼が帰ってくるまで、部屋の前のフラフープの中に律儀に入って警備をしていた大塚巡査がもう最高で(笑)。

シーズン2でもバーでネックレスを探すシーンで大活躍するけれど、おかやまさんがすごく上手いからああいうシーンが成立するし、ああいうコミカルな描写も加わって、初めて『HERO』なんだと思います」

マホ「私は、久利生さん以外では牛丸さん(角野卓造)ですかね。

ずっと身体が弱っていたりして、哀愁が漂っているから可哀相だなと思って。糖分を摂っちゃいけないのに、シーズン2では大福を食べているし、それがいい味を出していていいんですよね。

しかも、大福を食べながら久利生さんに“オマエは自分のやりたいことだけをやれ!”みたいなことを言う。素敵だなと思いました」

映画『HERO』に期待するところ

う〜む、スゴい! ひと言に『HERO』ファンと言っても好きなキャラも好きなシチュエーションもみんな違うのが面白い。その勢いで、最新作に何を期待するのか? もドドーンと語ってもらった。

マユミ「映画で描かれるのがシーズン2のラストの1年後か1年半後か分からないけど、城西支部の人たちの信頼関係がより強いものになっていると思うので、そのあたりを見極めたいし、あのメンバーでどうやって大使館の絡んだ事件に立ち向かっていくのか興味があります。

もちろん久利生と雨宮の関係がどうなるのか? も気になるけれど、最初はフラットな気持ちで観たいと思います。

たぶん10回ぐらいは観ると思うんですよね。周りにそれぐらい観る人が多いんですけど、そうすると新しい発見もあるし、何か新しいものを見つけたときはめちゃくちゃ嬉しいんですよ(笑)」

チロ「私も大使館という治外法権の場所に、より結束した城西支部の人たちがどうやって乗り込んでいくのか気になります。

予告編では佐藤浩市さんの演じる外務省の欧州局長が“交通事故ごときで外交の邪魔をするな!”みたいなことを言ってますけど、彼が久利生たちと出会って考え方を変えるんじゃないかな? と個人的には思っているので、それがどう描かれているのか楽しみです。

それと、久利生と雨宮がどうなるのか? もやっぱり気になります。

シーズン1の最後にあんなセリフがあったし、久利生さんは約束を破らない人。“約束したよね”ってずっと心の中で思ってきたので、それがどうなるのか見届けたいです」

マホ「『めざましテレビ』でも牛丸次席の娘がついに登場するのかな? という話題で盛り上がっていましたけど、そこも私は楽しみにしています」

ユカリ「私も雨宮とのことがいちばん気になります。

4年前の劇場版はあんな終わり方だったけど、そこをなかったことにされるとファンとしてはすっきりしないですよ。事件がどんなにすっきり解決しても、そこでウッと詰まってしまったら、なんかしこりが残るし、私が『HERO』を好きになったのはどんなこともすっきりさせてくれるところでもあるので、心にずっしり来る久利生の新たな名言とともに、それを期待しています」

サオ「私も、城西支部のメンバーがあの難題にどう挑んでいくのかすごく興味があります」

チビホ「私は佐藤浩市さんが大好きなので、浩市さんのシリアスなシーンも楽しみだし、みんなと一緒で雨宮には久利生とくっついて欲しいけど、でもツイッターとか見ると“くっつかない!”って書いている人もいるから、観たいような、観たくないようなドキドキした気持ちでいます(笑)」

虹「リアルタイムで私が観たのはシーズン2からなので、自分の中ではいよいよフィナーレという気持ちが高まってきていて。

高校生でお金もないから雑誌もほとんど買えないし、ネタバレを知るのも好きじゃないから、テレビスポットを短く編集して何度も観てるんですけど、その中にイヤなスポットがあったんです。

それはあのバーで、雨宮が城西支部のみんなに“プロポーズされたんです”って告白しているもの。それを最初に観たときにえ?っと思って、それから久利生の表情を何度も何度もチェックして、久利生とのことなのか、それとも相手は別の人なのか?

そこをひとりで勝手に想像して期待しています。あと、治外法権という難しいテーマなので自分がどこまで入り込めるのか心配ですけど、『HERO』らしさを楽しみに映画館に足を運びたいと思っています」

ナオカ「私もみなさんが言われたことは全部気になります。

しかも前回の劇場版では私はエキストラで参加していたので、勝手に『HERO』ファミリーみたいになっていて、中からの視点で観たんですけど、今回は外から観て自分がどう感じるのか気になるし、雨宮も事務官から検事になっているので、そのことも含めて久利生との関係がどう描かれるのか気になります」

サッチ「映画の公開に向けて、いま、シーズン1とシーズン2を全部観て復習しているんですけど、14年の間に細かいところはちょこちょこ変わっていても、久利生や城西支部の人たちの事件への取り組み方や被害者のことを思う気持ちは全然変わっていないんですよね。

事件自体は、2001年の第1話の下着泥棒の話からは想像できない、国境を超えるか超えないのかというものすごく大きなものになっているのに、久利生が最初のあの第1話で言った“事件に大きいも小さいもない”という精神は一貫している。

そこは今回の映画でも変わっていないだろうし、描かれるのは本当にシンプルなことだと思うので、そこを見極めたいですね。

それと、私も雨宮推しなので、どうか無下にはしないでいただきたい。

まあ、いい形になってもよかった〜!って泣くだろうし、思いもよらない方向に転んでも何で〜?って泣くような気がする(笑)。一緒に行く友だちに“泣くかもしれない。それだけは許してね”って言ってあるけど、どちらにしてもしっかり受けとめたいと思っています」

『HERO』がもはや生活の一部になっている彼女たちは、映画を観る前から想像を膨らませて楽しんでいるようで、この日の記念撮影にも笑顔でこたえ、オフ会後も初めて会った者同士で情報交換している姿が微笑ましかった。

果たしてみんな、新たなる劇場版をどう観たのだろう? こんな熱い全国のファンを魅了し続けている『HERO』は、夏休みのスクリーンをまだまだ驀進中だっ!!