ベスト電器<8175>は23日、05年2月期の連結業績を下方修正し、純損益が前回発表予想を113億円下回る、100億円の赤字に転落するとの見通しを発表した。前期は23億円の黒字だった。減損会計の早期適用で117億円、不採算店舗の閉鎖で15億円の特別損失を計上することが響いた。

 売上高は前回発表予想を30億円(0.8%)下回る、前期比0.5%増の3570億円となったようだ。価格競争で既存店利益率が悪化し、新規出店コストが増加したことで、経常利益は同予想を19億円(70.3%)下回る、前期比79.0%減の8億円だったもよう。【了】