昨年覇者のイ・ボミ、狙うは連覇!(撮影:ALBA)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇13日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,583ヤード・パー72)>
 14日(金)から開催される国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」。開幕前日のこの日、昨年覇者のイ・ボミ(韓国)が最終調整を行った。
スマイル満載!ボミの特選フォトギャラリー
 昨年は大山志保、菊地絵理香との三つ巴のプレーオフを制して優勝。シーズン3勝目を挙げた。連覇を目指すボミが、今大会のキーポイントに挙げたのはティショット。
「今日回った感じだとグリーンは速くて綺麗だけど止まりやすい。良いスコアがたくさん出ると思う。ただ、ラフからだと中々チャンスに付きづらい。だからドライバーでいかにフェアウェイに置くかがかなり重要になってくると思いますね」。
 ティショットを課題に挙げたのは、グリーン上に自信を持っているからでもある。「去年も優勝してるし、ここのコースは相性が良い。それはグリーンのスピードが合ってるからだと思います。その良いイメージを持って、毎日“67”を目指していきたい」。
 21日(日)はボミの27回目の誕生日。来週の「CAT Ladies」は欠場の予定のため、今大会が26歳で迎える最後の試合となる。「ここ1ヶ月くらい2位とか3位とかなので、今週は運があればいいな」。連覇で来週のバースデーに花を添えることができるか、注目だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>