モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。今回は、燃料電池量産車であるトヨタ・ミライと、電気自動車テスラ・モデルCのどちらが美女にモテるか、これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が解説する。

 * * *
 先日、名古屋市内で、そのミライが走っているのを見かけた。名古屋はトヨタの城下町のようなもの。何よりもトヨタ車がエライとされる。早速ミライを手に入れて乗り回しているオッサンは、恐らく名古屋の有力企業の経営者、「名古屋セレブ」だろう。そのせいか、名古屋を走るミライは、王族の乗り物のように光り輝いて見えた。

 で、そのミライだが、乗った感じはどうか? ズバリ、電気自動車と変わらない。アクセルを踏めば電車のようにヒュイーンと加速し、ブレーキを踏めばヒョワーンと減速する。通常の電気自動車である日産・リーフそっくりだ。

 燃料電池とは、タンクに搭載した水素と大気中の酸素を反応させて電気を作る装置のこと。燃料電池車は、そうやって発電しながら走る電気自動車なので、乗った感じは、電気自動車そのものなのである。

 見た目は、左右に張り出したエラが未来的だが、全体にどこか野暮ったさがある。内装は、724万円という値段にふさわしいゴージャス感を狙っているが、正直これまたどこか野暮ったく、クラウンにも負けている。

 航続距離は約700kmと極めて長い。実際には500kmがいいところだが、電気自動車最大の弱点である航続距離の問題を、燃料電池車は解決できるのだ。

 そんなトヨタ・ミライを、「きわめてばかげている」とこき下ろしたご仁がいる。アメリカの電気自動車メーカー、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏だ。

 氏が作る電気自動車、テスラ・モデルSは、パナソニック製の汎用リチウムイオンバッテリーを大量に搭載し、航続距離500kmを誇る。実際には400kmというところだが、日産・リーフが実質140kmくらいしか走れない(カタログ上は228km)のに比べると大幅に長く、走行途中での充電はまず必要ない。

 つまり、テスラの電気自動車があれば、「わざわざ引火しやすく貯蔵が困難な水素を使う必要などない」と言うわけだ。

 走りは、これまた電気自動車そのものだが(当たり前)、加速はものすごい。訪米中に安倍総理も試乗して「ジェットコースターのようだ」と評したが、その強烈な加速はエリートそのもの。ミライの加速も悪くないが、レベルが違う。

 では、トヨタ・ミライとテスラ・モデルS、どっちが美女にモテるだろう?

 残念ながら、どこからどう見てもテスラの勝ちが予想される。まず、テスラの方がはるかに見た目はカッコいい。その流麗なボディラインはイタリアのマセラティを思わせ、ダッシュボードは完璧なまでに未来的。すべてのメーターは液晶パネルに表示され、ダッシュボード中央には大型のiPadのようなパネルがついている。まるでアップル製パソコンの中に乗っているようだ。価格は823万円から。ミライより高いが、セレブ感は断然高い。

 実際、テスラ・モデルSは、カリフォルニアのセレブたちの御用達である。あちらの高級住宅地を走るとテスラだらけで、テスラを見たらセレブと思えという感じだ。

 つまりこれは、「名古屋セレブ」対「ビバリーヒルズセレブ」の戦いなのだが、恐らく多くの美女は、ビバリーヒルズを選ぶだろう。我らがトヨタには、“カイゼン魂”で奮起を期待したい!

■清水草一:編集者を経て、フリーライターに。「自動車を明るく楽しく論じる」がモットーの53歳。現在、フェラーリ・458イタリア、BMW・335iカブリオレ、トヨタ・アクアを所有。日本文藝家協会会員。

※週刊ポスト2015年8月14日号