専門誌では読めない雑学コラム
【木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第16回】

 ゴルフをするとき、カートにさりげなく携帯電話を置くことは、今ではすっかり定着し、日常の光景となりました。ソフトバンクなどは、ゴルフ場に電波が届くように経営努力しているようで、そりゃ、電波が届けば、使わないテはないですよね。

 もちろん、プレイ中に携帯電話を使うことはマナー違反で、禁じているコースが多いです。しかし現実は、プレイ中、バンバン携帯電話の音が鳴るし、平気で電話を受けている人がいるし、しかも誰もそれを注意しない。だって、注意する側もプレイ中に携帯電話を使っているんですから、注意しようがない。もはやゴルフ場のコースは"携帯電話無法地帯"になっています。

 なんでこうなったのか? それは、ゴルフ場のお客さんの職業事情によるからです。

 昔、バブルの頃、初めてゴルフ場に来たときは、びっくり仰天しました。なにしろ、平日なのに、満員御礼なんですから。

 それとなく、同伴プレイヤーに「みんな、平日なのに大丈夫なんですか? 普段、仕事は何してんですかね」と、聞いたところ、「月曜は美容院が休みだし、デパートは平日が定休日だったりするから、そういう人が来てんじゃないの」という答えが返ってきました。それに対して私は、「ふ〜ん、そういうものか。東京は平日休みの会社が多いんだな」と、感心したものです。

 時が経って、世の中の仕組みがわかるようになると、あることに気づきました。冷静に考えれば、美容師さんとデパートの従業員のみで平日のゴルフ場が埋まるわけもなく、世の中には、一日数回の電話のみで、生計を立てられる人がたくさんいるとわかったのです。俗に言う、自営・自由業や、マスコミ、団体職員と呼ばれている方々ですかね。

 そういう自由が利く人にとって、携帯電話は、まさに"万能の神器"だったのです。だって、これさえもってゴルフをすれば、仕事をしながら、遊べるわけでしょう。とすれば当然、ゴルフ場は"携帯電話無法地帯"になるわけです。

 私も個人的には、音を消してバイブにして、キャディバッグに忍ばせています。たまにお茶屋に寄ったときなど、チェックしますが、熱心に携帯電話をいじっていたのは、むしろゲームのほうです。「熱心にお姉ちゃんにメールしてるね」なんて冷やかされますが、実はゲームをやっていただけなんです。今ではすっかりゲーム熱も冷め、携帯電話をいじることもなく、わりとマナーのいいプレイヤーだと思います。

 ともあれ、ここ数年で、携帯電話のコース使用も、迷惑にならなければ、いいんじゃない的解釈が無事浸透してきました――と思っていた矢先、今度はガラケーがスマホにとって代わり、電話をしない人が、スマホをいじるようになりました。

 ゴルフ場で何をしているのか? それは、コースの写真やビデオを撮って、SNSに送信しているのです。

 さらに、スマホは万歩計の役割を果たし、スコアカードの代わりにもなり、距離計測、コースガイドなどにも使えます。スコアカードの代わりに使っている人は、毎ホールごと、本当にせわしないですよ。手書きのほうがなんぼ楽かって思いますが......。

 結局のところ、多機能のスマホの浸透が、携帯電話問題を見事解決(?)してくれました。なにしろ、スマホのヘビーユーザーは、起きている間、ずっといじっているんですから。高級レストランでさえ、スマホで写真を撮るというか、高級レストランだからこそ、写真を撮る必要があるんだそうです。

 その論理で言えば、たまのゴルフ場は、周囲は緑の木々に囲まれて、ロケーション抜群です。ゴルフ場だからこそ、スマホで写真を撮るべきと思っているんじゃないですか。これが今の、ごく普通の人の考えのようです。

 現在は、スマホを片手に、ピンまで何ヤードなんてやっているわけです。パーを取れば、写真をパチリ。もはや、スマホはラウンドの必需品になりつつある、そんな感じですか。

 もし、太宰治が今の世でゴルフをしたら、きっとこう言うでしょう。

「ゴルフ場には、スマホがよく似合う」

※太宰治の短編「富嶽百景」の一節に、「富士には月見草がよく似合う」という名文句がある。

【プロフィール】
■木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa