コメダ珈琲店の国内店舗数は690店舗(2016年6月末現在)。ゆったり寛げる店構えが特徴。

写真拡大

2016年8月に権利確定する株主優待情報を
ザイ・オンラインが徹底調査!

 8月の株主優待は100件弱と、1年の中ではまずまずの実施件数。株主優待内容も自社商品から金券類までバラエティに富んでいて、特にビックカメラ、イオンなどの小売業や、吉野家HDをはじめとする外食系の株主優待が充実している。さらに今回から、「コメダ珈琲店」でお馴染みのコメダHDも株主優待を新設する。定番から新設まで、気になる銘柄が豊富に揃う8月の株主優待をまとめて見ていこう!

今回から株主優待を新設する「コメダ珈琲店」のコメダHDほか、
押さえておきたい買物券&食事券で人気の6銘柄

 まずは、日々の暮らしや食事に使える、小売り系と外食系の株主優待から6銘柄を取り上げる。

■食事券&買物券の人気の株主優待6銘柄[8月権利確定]
最低投資
金額
株主優待+
予想配当利回り
株主優待利回り 予想配当利回り 詳細情報
 パルコ(8251)/【確定月】2,8月
8万6500円 9.48% 6.94% 2.54%
8月に確定する株主優待銘柄!パルコ(8251)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株以上で、株主優待クレジットカードを発行。また、1000円分の優待券を、100株で1枚、500株で2枚、1000株で4枚、5000株で8枚、1万株以上で12枚。大丸・松坂屋で使える100円分の買物優待券を40枚(2月のみ)
【備考】優待利回りは、優待券と買物優待券の合計額から算出。100円分の買物優待券は、8月は新規株主のみ20枚もらえる。ほかに、1000株以上の株主にPARCO内のアートスペースなどで利用できるギャラリーパス券
 クリエイト・レストランツ・HD(3387)/【確定月】2,8月
10万7500円 6.79% 5.58% 1.21%
8月に確定する株主優待銘柄!クリエイト・レストランツ・HD(3387)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】1枚500円分の食事券を、100株で6枚、500株で12枚、1500株で30枚、4500株以上で60枚
【備考】はーべすと、しゃぶ菜、雛鮨、磯丸水産などグループ各店舗で利用可
 吉野家HD(9861)/【確定月】2,8月
14万2300円 5.63% 4.22% 1.41%
8月に確定する株主優待銘柄!吉野家HD(9861)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】300円分の株主優待券を、100株で10枚、1000株で20枚、2000株以上で40枚
【備考】吉野家、京樽、はなまるなどのグループ各店舗で利用可能。優待券返送で、「吉野家外販商品詰め合わせセット」も選択可
 ビックカメラ(3048)/【確定月】2,8月
9万2600円 4.32% 3.24% 1.08%
8月に確定する株主優待銘柄!ビックカメラ(3048)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】1000円分の買物優待券を、2月は100株で2枚、500株で3枚、1000株で5枚、1万株以上で25枚。8月は100株で1枚、500株で2枚、1000株で5枚、1万株以上で25枚
【備考】ビックカメラ、ソフマップ、コジマの各店舗と、ビックカメラ.comなどのネット通販サイトで利用可。1年以上の継続保有で1枚、2年以上で2枚、優待券が追加される
 コメダHD(3543)/【確定月】2,8月
18万6700円 3.97% 1.29% 2.68%
8月に確定する株主優待銘柄!コメダHD(3543)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株以上で、コメダ珈琲店で利用できる1200円分の電子マネー(KOMECA)
【備考】今回から優待新設。電子マネーの代わりに自社商品詰め合わせのギフトも選択可
 イオン(8267)/【確定月】2,8月
14万9800円 2.00% 2.00%
8月に確定する株主優待銘柄!イオン(8267)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で3%、500株で4%、1000株で5%、3000株以上で7%のキャッシュバックが受けられるオーナーズカード
【備考】イオン、マックスバリュ、ザ・ビッグ、スーパーセンターなどで利用可。3年以上の継続保有で保有株数に応じてイオンギフトカードがもらえる長期保有優遇制度あり(2月のみ)
※優待内容、最低投資金額、利回りは7月15日終値時点

 いちばんの注目銘柄は、今回から株主優待を新設するコメダHD(3543)。6月29日に東証1部に上場したばかりで、上場と同時に株主優待の導入も発表した。コメダHDは、「コメダ珈琲店」を全国で展開するほか、甘味喫茶「おかげ庵」を愛知県内で7店舗運営している。

 投資金額は18万6700円(7月15日終値で計算、以下同)で、株主優待内容は全国のコメダ珈琲店で利用できる専用の電子マネー1200円分。電子マネーの代わりに、自社商品の詰め合わせを選択することもできる。自社商品の内容は公表されていないので、選んだ人は届くまでのお楽しみ、ということになりそうだ。

 外食系では、クリエイト・レストランツ・HD(3387)もオススメ。「しゃぶ菜」「かごの屋」「磯丸水産」「デザート王国」など多くの業態を全国で展開していて、使える店舗が多岐にわたっているのがその理由だ。また、株主優待券が1枚500円分なので、使い勝手がよいのもポイント。

 ちなみに、クリエイト・レストランツ・HD傘下で、前述の「磯丸水産」などを展開するSFPダイニング(3198)も8月の優待銘柄。ただし、クリエイト・レストランツ・HDの株主優待券はSFPダイニングの店舗で使えるが、逆はNG。SFPダイニングの優待券は自社の店舗でのみ利用可能だ。

 買い物系では、定番中の定番ではあるが、ビックカメラ(3048)は押さえておきたい銘柄の1つ。最低投資金額9万2600円と比較的投資しやすい水準で、年間3000円分の買物優待券がもらえて、さらに長期保有優遇制度もある。

 しかし、ビックカメラで買い物ができる8月の株主優待券はこれだけではない。表には掲載していないが、日本BS放送(9414)の株主優待品もビックカメラの商品券。こちらは、100株以上で一律1000円分のビックカメラ商品券がもらえて、投資金額は10万1300円。株主優待+配当利回りは3.65%でビックカメラよりはやや低めとなる。また、日本BS放送でもらえる商品券は、ビックカメラ.comなどの通販サイトでは利用できない点には注意したい。

 また、コジマ(7513)の株主優待券(100株保有で500円券×2枚)も、ビックカメラで利用できる。ただし、こちらは2000円ごとに株主優待券1枚が使える割引券方式。最低投資金額は2万4100円と手頃なのはメリットだが、株主優待券だけで買い物ができるビックカメラや日本BS放送の株主優待のほうが使い勝手では上回ると言えるだろう。もちろん、どちらの株主優待券もコジマ店舗でも利用できる。

カタログギフトと株主優待券がダブルでもらえるコシダカHDなど、
自社商品やカタログギフトがもらえる定番5銘柄に注目!

 次に、自社商品や地方特産品、カタログギフトなど「モノ」がもらえる株主優待の中から定番の5銘柄をピックアップした。

■自社商品などがもらえる定番の株主優待5銘柄[8月権利確定]
最低投資
金額
株主優待+
予想配当利回り
株主優待利回り 予想配当利回り 詳細情報
 ヤマトインターナショナル(8127)/【確定月】8月
3万8900円 5.65% 2.57% 3.08%
8月に確定する株主優待銘柄!ヤマトインターナショナル(8127)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で1000円相当、500株以上で3000円相当の自社商品
【備考】前回の100株優待はクロコダイルの靴下2足(男性用・女性用)
 コシダカHD(2157)/【確定月】8月
19万8300円 5.54% 4.03% 1.51%
8月に確定する株主優待銘柄!コシダカHD(2157)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で5000円相当の株主優待券+3000円相当のカタログギフト、1000株以上で5000円相当の株主優待券+5000円相当のカタログギフト
【備考】優待券は、全国のカラオケ本舗まねきねこ、ひとりカラオケ専門店ワンカラ、温浴施設まねきの湯で利用可
 トランザクション(7818)/【確定月】2,8月
26万7000円 3.15% 2.25% 0.90%
8月に確定する株主優待銘柄!トランザクション(7818)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】3000円相当の自社製品セットを、200株で1セット、1000株で2セット、2000株以上で3セット
【備考】前回の選択肢は、ポロシャツ2枚セット、折り畳み傘2本セット、浄水機能付きボトル、ブルートゥースシリコンキーボードの4セット。優待品は毎回変更される
 サイゼリヤ(7581)/【確定月】8月
22万6900円 1.67% 0.88% 0.79%
8月に確定する株主優待銘柄!サイゼリヤ(7581)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で2000円相当、500株で1万円相当、1000株以上で2万円相当のイタリア食材セットなど
【備考】前回の100株優待は、スパゲティ、パスタソース、オリーブオイル、アンチョビソースの4品。500株以上の場合はイタリアの食材、お菓子、ワインのセットからの選択制
 サンデー(7450)/【確定月】8月
17万2500円 1.45% 0.87% 0.58%
8月に確定する株主優待銘柄!サンデー(7450)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で市価1500〜2000円相当、1000株以上で市価4000〜5000円相当の東北地方の特産品
【備考】優待利回りは1500円で計算。前回の100株優待品は青森名産のりんご3キロ、1000株ではりんご3キロ+りんごジュース・ジャムの詰め合わせ
※優待内容、最低投資金額、利回りは7月15日終値時点

 この中で、3万8900円と投資金額が最も低いのが、アパレルメーカーのヤマトインターナショナル(8127)。100株保有の優待品は、ここ数年クロコダイルブランドのソックス2足組が続いている。1足ずつサイズが違うので、夫婦や親子で利用するとよさそうだ。

 そして、表で取り上げたもう1つの「利回り5%超銘柄」がコシダカHD(2157)。こちらの優待は、株主優待券とカタログギフトの2本立てというのが大きな魅力だ。カタログにはインテリア雑貨からグルメ食品まで約2000ものアイテムが掲載されていて、自分の好みに合ったものをじっくりと選ぶことができる。

 外食産業の株主優待は自社店舗で使える優待券が多いが、サイゼリヤ(7581)の株主優待は、イタリア食材の詰め合わせ。内容は毎回変わるが、前回の100株優待はオリーブオイルやスパゲティ、アンチョビソースなど。イタリアンをよく作る人にはうれしい優待と言える。

 また、表には掲載していないが、シベール(2228)も自社商品がもらえる8月の定番かつ人気銘柄の1つ。投資金額29万9800円で、3000円分のラスクや焼き菓子の詰め合わせがもらえる。ただ、毎回権利落ちがかなり大きいため、相場の状況にもよるが権利日直前で買うのはできるだけ避けたほうがよいだろう。

優待+配当利回りが5%を超えるMORESCOなど
合計利回りが3%台後半以上の金券優待4銘柄をチェック!

 最後に、QUOカードなど汎用性の高い金券の株主優待を見ておこう。金券の優待で重要視したいのはやはり利回り。そこで、QUOカードがもらえる優待銘柄の中から、優待+配当利回りが3%台後半を超える4銘柄を厳選した。

■優待+配当利回りが3%台後半以上の金券の優待[8月権利確定]
最低投資
金額
株主優待+
予想配当利回り
株主優待利回り 予想配当利回り 詳細情報
 MORESCO(5018)/【確定月】2,8月
11万8000円 5.08% 1.69% 3.39%
8月に確定する株主優待銘柄!MORESCO(5018)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株以上で1000円分のQUOカード
【備考】特になし
 トライステージ(2178)/【確定月】2,8月
19万7600円 4.86% 1.01% 3.85%
8月に確定する株主優待銘柄!トライステージ(2178)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で1000円分、500株以上で5000円分のQUOカード
【備考】特になし
 明光ネットワークジャパン(4668)/【確定月】8月
11万1600円 4.30% 0.90% 3.40%
8月に確定する株主優待銘柄!明光ネットワークジャパン(4668)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で1000円分、500株で2000円分、1000株以上で3000円分のQUOカード
【備考】長期保有優遇あり。3年以上の継続保有で、QUOカードの金額を各2000円分追加
 ソーバル(2186)/【確定月】8月
12万9000円 3.65% 0.39% 3.26%
8月に確定する株主優待銘柄!ソーバル(2186)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で500円分、500株以上で2000円分のQUOカード
【備考】特になし
※優待内容、最低投資金額、利回りは7月15日終値時点

 最も利回りが高いのがMORESCO(5018)の5.08%。100株以上の保有で、一律1000円分のQUOカードが年2回もらえる。優待利回りだけが極端に高いと改悪・廃止のリスクが気になるが、MORESCOの場合は配当利回りが3.39%と高く、今期は増収増益予想のため業績が理由での優待改悪の可能性は低いと考えられる。

 また、昨年秋に優待内容を大幅に変更した、明光ネットワークジャパン(4668)にも注目したい。100株保有の場合、前回までの3000円分のQUOカードが、今回からは1000円分と3分の1になってしまったが、その後株価が下落したことや増配もあったため、優待+配当利回りはそれほど下がっていない。今回からは長期保有優遇制度も導入され、3年以上継続保有すれば100株で3000円分のQUOカードがもらえるようになる。

 QUOカード以外の金券では、表には掲載していないが、東武ストア(8274)の図書カード、リテールパートナーズ(8167)のJCBギフトカード、そして天満屋ストア(9846)のVJAギフトカードなどがある。いずれも1単元で1000円分がもらえて、自社店舗などで使える優待券との選択制となっている。

 ユニークなのがセントラル警備保障(9740)で、8月はQUOカード、2月は図書カードと1年で2種類の金券の優待品を受け取れる。最低投資金額は22万8500円で、100株保有の場合、8月のQUOカード、2月の図書カードともに額面は500円分となっている。

 なお、8月の権利確定日は31日(水)、権利付き最終売買日は3営業日前の26日(金)となる。目当ての株主優待銘柄が決まったら、必要な単元数を最終売買日までに忘れずに購入しておこう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)