選手個々の守備意識、球際の激しさは明らかに増した。六平も慣れない左SBでハードワーク。あとは、いかに個のパワーを全体に還元できるかだが……。写真:田中研治

写真拡大 (全2枚)

「とにかく悔しい」と会見で感情をあらわにした田坂新監督は、「7割はできたが、3割ができなかった」と湘南戦の敗北を振り返った。
 
【J1 PHOTOハイライト】2ndステージ・6節
 
 オウンゴールとセットプレーからという“もったいない”失点を喫して敗れたものの、全体的に見れば戦えていた。だからこそ指揮官は、7割の部分で及第点を与えたのだろう。それでも総合的な印象は、悪くはないが、良くもない程度。年間順位でも再び最下位に沈み、依然として厳しい戦いが続く。
 
 ここでは、やや時期尚早かもしれないが、新体制の初陣で見られたポイントを踏まえつつ、大榎前体制との戦い方の違いを挙げていく。
 
【変化?】 球際でのアグレッシブさ
 
 まず大きな変化として見られたのが、球際の激しさだろう。前線から最終ラインまで各々が身体を投げ打つ場面は増え、守備でのプレーインテンシティは間違いなく上がっている。
 
 練習から緊張感を保ち、「戦えない選手は使わない」と断言する田坂監督にとって、今後も局面の激しさが生命線となるはずだ。それは選手も理解しており、「隙を作ってはいけない」(竹内)という意識は、チームの共通認識になりつつある。
 
 とりわけ、1対1で相手を阻止するプレーはアグレッシブさを増している。以前は寄せに行くだけで相手に接触できないなど甘いマークが目立ったが、躊躇なく身体をぶつけるシーンが増加。角田やC・ヨンアピンら武闘派CBはもちろん、不慣れな左SBに入った六平もハードワークできていた。
 
 ただし、アグレッシブな球際とラフプレーは紙一重。この日は審判の曖昧な判定基準に助けられた部分もあったが、やや遅れ気味のタックルが多く、試合が荒れた要因にもなっていた。C・ヨンアピン、P・ウタカ、M・デュークの3人が累積警告2枚で出場停止にリーチをかけており、“ファウルトラブル”には注意を払いたい。
 
 また、個のアグレッシブさがチーム全体として上手く集約されていないのも気が掛かり。ひとりで止める意識が強いあまり、周囲と連動して囲い込む守備はさほど見られなかった。まだ船出の段階でそれを問うのは酷かもしれないが、より連動性を伴った激しさを身に付けたいところだ。
【変化?】 中盤を簡略化し、攻守分業へ
 
 各自の球際への意識に加え、「しっかりと守備ブロックを作る」(田坂監督)ことを念頭に置くのは、失点の多かった清水にあって当然のアプローチだ。
 
 これまでは、最終ラインを極端に高くした3-4-2-1をメインシステムに据えるも、あっけなく守備陣の背後を取られてピンチを招いた。新布陣の4-4-2は明らかに守備重視のシステムであり、中盤にテクニカルな選手を多く配した前体制とは大きく異なる。
 
「守備的に戦うことは考えていない」(大榎前監督)とまで言い切った前体制では、いかにマイボールの時間を長くできるかが勝負だったが、新指揮官はあくまで守備ありき。必然的に攻撃はカウンター中心となり、その狙いが奏功して大前の同点ゴールが生まれた。
 
 2ボランチにはつなぎよりもセカンドボールの回収が要求され、相手をいなすような横パスはめっきり減った。タメを作るのではなく、いかに早く前線の4枚に縦パスをつけられるか。つまりは、ボランチを含めた後ろ7人で守り、攻撃は前の4人に託す形が増えている。
 
 もっとも、「まずは守備を考えた」と大前が振り返ったように、前線にも最低限の守備が求められるのは間違いない。そのなかで、攻撃に転じた時にいかに違いを生み出すかがポイントとなる。
 
 幸いにも役者は揃う。P・ウタカ、鄭、M・デューク、大前は個の打開力で見ればJトップクラスと言っても過言ではなく、連係が深まれば単独突破の脅威も増すはず。限られた時間のなかで、速攻のバリエーションを蓄えたい。
 
 なかでも期待したいのは、いまだノーゴールの鄭。この日は「運もなかった」と嘆いた助っ人に当たりが出れば、一気に上昇気流に乗る可能性もある。
 
 
【不変】 大事なところで途切れる集中力
 
 オウンゴールとセットプレー。選手が揃って「もったいなかった」と語る湘南戦の失点シーンに代表されるように、大事な局面でなぜか集中を切らしてしまう。この悪癖は、指揮官が変わっても相変わらずだ。
 
 冒頭の「3割ができていなかった」という田坂監督の言葉は、3割の選手が戦えていなかったことよりも、チームとしての途切れがちな集中力を指しているのではないか。
 
 選手自身の甘えや精神的・肉体的疲労など要因はいくつか考えられるが、なかでも指摘したいのがリーダーの不在だ。今季はキャプテンの本田が出場せず大前が腕章を巻く試合が多いが、背番号10はリーダーと言うよりも純粋にプレー面の能力で他より優れたタイプ。頻繁に周囲に声を掛けて集中を促す役割を求めるのは、得策とは言えないか。
 
 その意味では、新加入の角田に注目したい。ボランチとCBで気迫のこもったプレーを見せたベテランは、「チームを鼓舞していたし、指揮も執っていた」と田坂監督から合格点をもらったひとりだ。
 
 攻め込んでいてもなぜか失点の雰囲気が漂うチームに、強固な芯を通せるか。早急にアキレス腱を鍛え直し、逆転残留を手繰り寄せたい。
 
取材・文:増山直樹(サッカーダイジェスト編集部)