画像は公式サイトより

写真拡大

エ口やグ口といったジャンルを得意とする奇想漫画家の駕籠真太郎さんによる個展「日本の夏 奇想の夏」が、中野のギャラリー・リトルハイにて開かれる。

【美少女から金魚ッ! 奇想漫画家こと駕籠真太郎「日本の夏 奇想の夏」展の画像・動画をすべて見る】

会期は8月13日(木)から25日(火)まで。入場は無料となっている。

会場では、原画や限定のオリジナルグッズの販売。さらに、8月15日(土)・22日(土)には駕籠さんが来場者の似顔絵を描く「特殊似顔絵イベント」も行われる。

狂的に描かれるブラックユーモアの世界!


駕籠展作品 勾玉と金魚/画像は公式サイトより

駕籠展作品 勾玉と金魚/画像は公式サイトより



駕籠真太郎さんはホラーやSF的な題材を主体に、不道徳で狂的な世界観を描くことで知られる漫画家。

今回の個展では「和風」「夏」をテーマに、独特のエグさやブラックユーモアがたっぷり詰まった、特殊美少女絵の描き下ろし原画の展示が行われる。

また、駕籠さんはモデルのリクエストに応じ、ゾンビ風や頭が爆発しているような画風で描く特殊似顔絵師としても活動。会期中は、駕籠さん本人が来場者の似顔絵を水彩カラーイラストで描くイベントも実施。こちらは現在、公式サイトにて予約受付中だ。