寝苦しい夏の夜はできるだけ涼しく眠りたいもの。しかしエアコンや扇風機をかけたままにして寝ると、夜中に体が冷えるため翌朝のだるさが辛かったりもします。夏の夜を快適に、しかも健康的に眠るための夜着や寝具、照明について考えてみました。

エアコンや扇風機で冷える体を防御

熱帯夜に窓から入る風だけでは寝苦しく、エアコンや扇風機を使うのは仕方ありません。ただし、そんなときこそ気をつけなくてはいけないのが体の冷え。暑いときでも特にお腹はしっかり冷えから防御しましょう。タオルケットや、夏用の通気性のよい腹まきがおススメです。また、眠っていて体が冷えてきたときのために、夏用の掛け布団を必ず準備しておきましょう。またエアコンも扇風機もタイマーにして、夜中から明け方にかけては自然にオフになるようにしておくほうが体に優しいでしょう。

涼しい寝間着の選び方は?

暑い夏の夜には眠っている間にコップ2杯分の汗をかくといわれます。寝間着は通気性・吸湿性がよくてさらっとした肌触りの素材を選びます。綿、麻、シルク、ガーゼの素材がよいでしょう。暑いからといって肌を露出するデザインはNG。肌を覆って汗を吸い取り、通気性があるものを着て眠りましょう。肩、膝、お腹など冷やしてはいけない部分をしっかりと覆うことができるかどうかも選択のポイント。抱き枕は脇の通気性をよくしますので汗をかきやすい人は使ってみてはいかがでしょう。

寝具は体の湿気をとる麻とブルー系の色を選んで

暑い夜に快適に眠るためには、寝間着の選び方に加えて寝具の素材にもこだわりましょう。寝具は吸湿性があり、湿気を発散する効果にすぐれた麻のシーツやまくらカバーを使用すると快適に睡眠できます。そばがらの枕も通気性抜群。寝具の色やカーテンは涼しげなブルー系がベストです。照明も青や緑などの色合いを選ぶことができれば、心理的に落ち着いて眠ることができます。

バスタイムの工夫で快眠を

夏はシャワーで汗を流したほうがさっぱりする、と思う人もいるかもしれません。確かに湯船に浸かると皮膚の表面の温度は上がりますが、体内の温度は下がり、臓器の働きが低下して睡眠の準備ができます。夏こそぬるめのお湯にゆったり浸かって疲れを解消してください。


writer:松尾真佐代