疲れた主婦を癒やすのは「家族」?それとも「ひとりの時間」?

写真拡大

日々、子育てに邁進する主婦は、心のどこかで癒しを求めているものです。では、一体どんなものがあれば、主婦たちは“たっぷり癒された”と感じることができるのでしょうか?

現役の主婦100人を対象にアンケートを実施してみました。

­

【質問】

あなたの疲れを癒してくれるのは次の2つのうちどちらですか?

­

A:子どもの笑顔とパパの愛

B:ひとりの時間と豪華な食事

­

【回答】

A:75%

B:25%

­

なんと75%の主婦が、「家族の笑顔や愛」が最高の癒しだと考えているようです…。「たまにはひとりの時間を満喫したい」という人は意外に少ないんですね。びっくりです。

では、それぞれの回答の理由も聞いてみましょう。

­

▼A:子どもの笑顔とパパの愛

≪パパへの愛は一生もの≫

・「結婚して10年経ちますが、今も変わらず旦那のことが大好きです。学校の行事や近所づきあいで疲れていても、『ごくろうさま』と言って抱きしめてくれる旦那のあたたかさで、疲れがすーっと溶けていくのを感じ、それだけで癒されているなと、日々実感しています」

­

≪もっとほしいと思うくらい子どもが好き≫

・「結局のところ私は『家族と一緒』が好きなんだなと、自分でも思います。どんなに怒っていても泣いていても、家族と一緒にいたいんです。もちろん、たまにはひとりになりたいときもあるけど、欲張ってはいけないなと。自分にとって真の癒しは、家族みんなと過ごす時間。だから、子どもももっとほしい!」

­

≪ケンカするほど仲がいい!?≫

・「子どもがおもちゃを片付けなくて叱ることもあるし、パパが休日ゴルフを楽しんでばかりでケンカをすることもあるけれど、やっぱり家族のことが一番好きだし、一緒にいると幸せを感じます」

­

子育てや夫のことで疲れを感じることはあっても、疲れを癒してくれる存在もまた家族という声多数!注いだ分だけ愛情が返ってくることに幸せを感じている人が多い、ということですね〜。

­

▼B:ひとりの時間と豪華な食事

≪非日常に憧れます!≫

・「たまには日常のすべてを忘れたい! 家事も育児も全部投げ出して、エステとかフランス料理のフルコースとか、とにかく夢みたいな一日を過ごしたい! ふぅ〜、書いただけでもスッキリした!」

­

≪月に一度でいいからひとりの時間がほしい≫

・「うちは自営業なので夫の両親と同居しています。朝から晩まで家族と顔を合わせているので、たまにはひとりの時間がほしいと感じます。なんせ、子どもが学校に行っている日も家族全員分の昼ご飯を作らないといけないし、本当に大変。週1回なんて贅沢は言わないから、せめて月に1回、ひとりでゆったりできる時間がほしい」

­

≪おいしいコーヒーをゆっくり満喫したい≫

・「豪華な食事はなくてもいいから、ひとりでゆっくり過ごす時間がほしい。一杯のおいしいコーヒーを楽しめたらそれでいい。ひとりの時間を熱望している今日この頃です」

­

どうやら、自営業だったり二世帯住宅に住んでいたりで、ひとりになれる時間がまったくない主婦は、日頃から息苦しさを感じているケースが多いよう。とはいえ、いざひとりの時間を与えられてみると、家族と過ごす日常が恋しくなるということもあるかもしれませんね…。

いずれにしても、心身に疲れを感じて癒しをほっしているときには、家族にその思いをストレートに伝えて、気軽にリフレッシュをはかるのがオススメです。十分にリラックスした時間を過ごせば、明日からの日常を今まで以上にいきいきと過ごせること間違いなしです!

­

写真© milatas - Fotolia.com

※出典:雑誌『Como』(主婦の友社)/『どっちを選ぶ!?ママのご意見バトル』より