「ハリー・ポッター」の球技「クィディッチ」の第1回欧州大会が開催

写真拡大

7月24〜27日、空飛ぶ魔法の箒を使う『ハリー・ポッター』の球技「クィディッチ」の第1回欧州大会がイタリアで開催された。2016年には世界大会の開催が予定されている。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「「ハリー・ポッター」の球技「クィディッチ」の第1回欧州大会が開催」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-quidditch-2

2/5

03-quidditch-8

3/5

04-quidditch-4

4/5

05-quidditch-3

5/5

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01-quidditch-7

02-quidditch-2

03-quidditch-8

04-quidditch-4

05-quidditch-3

なんてことだ。第1回「クィディッチ」欧州大会(European Quidditch Games)で、フランスが『ハリーポッター』発祥の地・英国を破るとは。

イタリアで行われた2日間のトーナメント戦の決勝は、フランスがイギリスを90対50で破った。クィディッチもまた、イギリスで発明されながら、イギリスが国際大会で勝てないスポーツであることが証明されてしまったのだ。

『ハリーポッター』の著者J・K・ローリングはきっと、魔法使いの奇妙なスポーツであるクィディッチを考案したとき、人間がこれに取り組もうとするとはまったく考えていなかっただろう。同シリーズで描かれるクィディッチは、空飛ぶ箒にまたがって、空中の競技場でプレイされるものなのだ。

しかし、空を飛べないマグル(一般人)の世界でも、クィディッチはここ数年で人気が高まり、多くの国に独自リーグが誕生している。

今回行われたクィディッチ欧州大会は、2016年に開催が予定されているクィディッチ世界大会に先立ち、イタリア・トスカーナ州の小さな町サルテアーノで開催された。

このような国際レヴェルの試合になると、クィディッチも激しいものになる。出場者は170ページあるルール集を順守する必要があるが、クィディッチは体の接触があるスポーツであるため、ときに荒れたプレイになることもある(フランスのキーパーは肩を骨折した)。

なお、冒頭の写真でもわかるように、箒は必需品だ。英国代表のジャン・ミコライチャク選手は『Guardian』紙に、「多くの選手は、大会が提供する箒を使うのですが、使いやすいという理由で愛用の箒を持参する選手もいます」と語っている

TAG

HarryPotterQuidditchSportsWIRED UK