指揮官自ら名付けた"チャレンジなでしこ"として臨んだ東アジアカップ。来年2月に行なわれるリオオリンピックアジア予選のライバルである北朝鮮、韓国、中国と交える貴重な3連戦を、日本は1勝2敗の3位で終えた。

 今回の招集メンバーは、2012年に日本で開催されたU-20女子ワールドカップで3位となり"ヤングなでしこ"として一躍脚光を浴びた世代からも猶本光、柴田華絵(ともに浦和レッズL )、横山久美(AC長野)、田中美南(日テレ・ベレーザ)ら5名が入り、またワールドカップカナダ大会のサブ組や、バックアップメンバーも含め、さまざまな角度から選手の見極めをする大会となった。

 その中でもっとも意外性のある可能性を見出したのが、京川舞(INAC神戸)の右サイドバック起用だった。これまでなでしこジャパンでは、所属チーム同様にゴールゲッターとして起用。今年2月のラ・マンガ国際大会でサイドバック(SB)を試し、今回本格的なコンバートとなったが、ここまで攻撃型一本で来た選手である。最終ラインでの守り方など心得ているはずもなく、初戦の北朝鮮戦ではアグレッシブすぎるスライディングでPKを献上、続く韓国戦でも際どい位置でファウルをおかし、痛いFKを与えてしまった。

 高くつく勉強代となったが、いずれもすべて最後に体を投げ出す瞬間が、身についてしまっている攻撃型のタイミングだからだ。守備型の動きを体得すれば、十分に開花する可能性がある。佐々木監督も「近賀(ゆかり)の後釜になる資質がある」と手応えを感じている。

 比較にあがった近賀も元々はFWからのコンバート。苦しみながら適応した結果、なでしこを形作る上で欠かせないピースとなった流れがある。このコンバートは京川本人とも話合いを持った上で行なわれており、彼女もまたその可能性に賭けた。が、実際には本職であるサイドハーフで使われないことに複雑な想いもある。

「守備は嫌いじゃないんです(笑)。アシストも好きですし、やりがいはすごく感じます。SBで(プレイの)幅が広がるのはいいこと。でもどこかでなんでって部分もある。悔しい思いもある。」

 それでも、最終戦では効果的な守備でピンチを跳ね返したり、味方のミスをカバーリングする場面を作った。そして、ひとたび攻撃に転じると、目の色が変わり、持ち前の攻撃スタイルに切り替わるのだ。

 本人には迷いもあるようだが、SBの気質を十分に兼ね備えている。日本の攻撃において、第2の生命線であるSBの人材不足が深刻なだけに、京川自身が腹をくくれば、意外と面白いスタイルを確立できるのではないかと期待したくなる。

 "ジョーカー"として十分にアピールしたのが横山だ。佐々木監督は横山のスーパーサブとしての起用にこだわり続けた。

ワールドカップカナダ大会で痛切に感じた"ジョーカー"の不在。勝ち越す、勝ち切るためのシチュエーションが訪れるまで、佐々木監督は横山を中途半端に起用しようとはしなかった。流れを一気に変える力を見せられるかが横山にとってのテストだった。その中で叩き込んだ先制ゴールは、中国に対して、そして指揮官に対しても十分な存在感を示すものだった。

 川村優理(ベガルタ仙台L)にも急激にキャプテンシーが芽生えた。初めて任される牽引役。カナダではついていくだけで必死だった。途中からゲームに入る難しさも身をもって体験した。何より、"なでしこジャパン"のピッチに立つ主力の実力を体感してきたばかりの川村は、"チャレンジなでしこ"との明らかな違いを痛いほど感じ取っていた。

「どうすれば若い選手が緊張感なく、パフォーマンスができるか。どう盛り上げていけばいいのか常に考えさせられた2週間だった」(川村)

 常に広い視野を持ち続ける苦しさと、自らもプレイで見せなければいけない緊張感。その結果、ピッチで時に力強く鼓舞し、時に同じ目線に立って励ます川村の姿は見慣れたものになっていく。彼女の中に、なでしこの自覚というものがしっかりと根付いた大会になった。

 ただし、やはり全体的には今大会で想定を覆す化け方をする選手は少なかった。

「もうちょっと鍛えれば(アジアのライバルである)あの3カ国にしっかりと勝てる」と、中国との最終戦でようやく勝利を掴んだ佐々木則夫監督はホッと胸をなで下ろしていたが、大会期間中は常に選手たちの"甘さ"を厳しく指摘していた。

 この世代は常に先輩選手に引っ張られるようにしてプレイをしているため、いざ、自らが主導権を握る状況になると立ち往生する傾向がある。いくらミスを恐れるなと言ったところで、ピッチでは安全でなおかつ確実なプレイを選択するため、消極的に映る。

 しかも、限られた時間の中でアピールもしなければならない。猛暑の中、日々の練習ではメンバーが目まぐるしく入れ替わる。選手間には少なからず混乱があったことは否めないが、そういう状況だからこそ、普段通りのプレイではなく、どこか突き抜けたチャレンジ精神が欲しかった。

 2連敗後、多くの選手が口にした課題のひとつが"コミュニケーション"だった。

「どこに欲しいのか、どこに欲しかったのか。すべて"ごめん"で終わっていて、次につながっていない。お互いにしっかりとその場で伝えないと......」と自戒を込めて話していたのは有町紗央里(ベガルタ仙台L )。短期決戦だからこそ、スタートから活発なコミュニケーションは必須なはずだった。やれることはあるのに、行動には移さない。どこかしら受け身感が拭えないのも、こういった部分に起因しているように感じた。

 佐々木監督が今大会で彼女たちに求めたのは、"堅実なプレイで勝利を重ねること"ではなかったはずだ。今回のような短期決戦でチーム力を見出すことは不可能だ。そうであればと、リスクを冒してまでメンバーを一新した。もともと"そこそこできる選手"だから連れてきているのだ。"そこそこ"できて当然なのである。

 指揮官が見たかったのは、"そこそこ感を打ち破るプレイ"ではなかったのだろうか。そういった思い切ったプレイをやり切った選手はごくわずか。誰にでも次のチャンスがある訳ではない。

 大会前は「3分の1くらいはリオに絡んでほしい」としていた佐々木監督だったが、やや期待外れ。もう1ステップ上がることができればリオオリンピック予選に間に合う可能性のある選手もいるが、本大会の選手枠は18名という狭き門。そこに食い込むには、ここから並大抵ではない努力が必要だ。良くも悪くも、次世代の現状が現れた東アジアカップだった。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko