オリコン<4800>は23日、午後1時から同社の「ORICON STYLE」サイトをリニューアルし、1曲あたり157円から315円で有料音楽配信サービスを開始する。

 同社によると、サービスの特徴は▽「オリコンランキング」に連動して楽曲をダウンロードできる▽新聞社系のサイトからの誘導で40−50代のエルダー層に利用を促す▽約40年蓄積された「オリコンランキング」を活用し旧譜の活性化を図る―など。エイベックスなどレコード会社やプロダクション、新聞社など計50社が参加し、10万曲を配信する。

 海外では韓国・スペインの会社が開始時より参加。韓国のミュータラ社との提携で、国内で初めて韓国のトップアーティスト22名の配信も行う。また、「音楽世界紀行」という特集メニューで、アジアを中心とする各国の楽曲を紹介していくという。

 音楽の有料配信では、米アップル・コンピューターのiTunes Music Store(アイチューン・ミュージック・ストア)が、100万曲以上の有料音楽配信サービスを展開しており、ダウンロード数が3億曲を超えたと今月2日に発表された。【了】